長靴が暑かった…。

昨日のブログ。

読み返してみたら、我ながら最悪だーと頭を抱えたさ。

半分寝そうな状態で書いていたとはいえ…。

自己嫌悪のイイワケというか、

とりあえず、ブログに書いて”禊”みたいな。

そんな態度がやっぱり祟ったのか、

今日の仕事の量がかなり多くてげんなり。

とはいえ、解消しなくてはいけないものなので、

社員さんも手伝ってくれて、なんとか最低ラインは終わったけれど。

でもすべて終わったわけではないので、ワタシ的にはなんだか気持ち悪くって。

残業して終わらせたいとこだけど、

どうも残業はなるべくしないようにという社員さんの配慮があり、それをおしてまではなかなか言い出せない。

「いいよ、明日で。」と言われたら、「はい」以外なかなか言えません。

キリの良いとこまでやりたかったなあ。

早く帰らせて頂けるのは本当にありがたいのだけれど。

明日は金曜日。やっと週末か~。

週末なだけに、きっちりキリの良いところで終わりたい!

来週に持ち越しは嫌だよお…。

そして。

職場を出てから気が付いた。

データ数を入力しなければいけなかったのを、あとで入れておきます、って自分で言ったくせにすっかり忘れていた。

明日朝イチで入れないと。忘れてたことがバレちゃうわ!!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほとほとぐったり

またまた自己嫌悪の大波に溺れそうだ。

今日は昨日に比べて仕事も多くなくて、

昨日頂いたお菓子もワタシの好きな感じのお菓子で、

お昼休みはそれを食べてご機嫌だったのに。

午後になって、昨日の処理でミスしていたことが発覚した人がいて、

手の空いていた二人で対応。

ワタシはというと、丁度違う処理で手間取っていたというのもあり、

対応の仕方の説明を聞きそびれ、

でも、実はちょっと聞こえていて、やったことない処理っぽいな、なんだか面倒そうだな…

という気持ちもだいぶあり、その処理を手伝いましょうかという言葉がなかなか出せなかった。

定時を過ぎる頃、やっと「出来ることありますか?」と言えて、とりあえずワタシにも出来る処理をしたけれど、

違う仕事を頼まれていたとはいえ、それはまだ時間的余裕があるものだったのだから、もっと早く手伝うべきだったよな。

しかも、なんだかちょっと内心イライラっとしちゃってて、きっと不機嫌な顔してたんじゃないかな。

ミスをみんなでカバーするのは同然で、今回みたいに数が多めの時は特にそうだろう。

明日は我が身なのである。

(しかも手伝ったら失敗したのがあって、余計な手間増やしてしまった)

はぁ。

自己嫌悪の海で溺れそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うっかりさん

朝、家を出て、駅について気が付いた。

あ、ケイタイ忘れた…。

当然取りに戻る時間はないし、例え時間的に余裕があったとしても、戻るのはめんどう。

う~ん、ま、いっか。

…という結論に達し、今日は一日ケイタイなし。

普段ほとんどケイタイに急用が入るなんてことはないクセに、

持ってない時に限って何かあったりするんだよね~…なんて

ちょっと不安もなきにしもあらずだったけど、

仕事中はまったくそんなこと忘れていた。

だいたい、デスクにケイタイ等持ち込み禁止ということに一応なっているので、普段から仕事中にケイタイ見たりはしないのだ。

お昼休み、ちょっと手持ちぶたさだったけど、忙しかったから、そんなにゆっくり休憩もしなかったし。

そんなわけで、今日は断食ならぬ断ケイタイデー。

家に帰ってケイタイ見たけど、急用は特に入ってなかったので良かった良かった。

(所詮、そんなもの)

とはいえ、ケイタイは携帯してナンボ。

明日は忘れないように気を付けます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

洗面所使用停止で火事の夢?

金曜日。

仕事から帰ってきたら、家の洗面所が使用禁止になっていた。。。

なんでも、階下の部屋で水漏れがあるとのことで

調べてみたところ、ウチの洗面所の配水管から水が漏れていたらしい。

老朽化が原因とのこと。

ちょっとホッとした。ウチの過失というわけではなかったから。

もちろん、ウチに関わる部分は費用がかかるのだろうけど、

全体的にはマンションの管理の問題だから、保険適応なんだとか。

そんなわけで、修理が終わるまでは洗面所は使用禁止。

トイレやお風呂場が使えないよりは全然マシ、と思ったけれど、

やっぱり今まで当たり前のように使っていた所が使えないというのは不便なものだ。

不便→便利 はすぐに慣れるけど、便利→不便 はなかなか大変。

朝、顔を洗うのも、歯を磨くのも、外出後手を洗ってうがいをするのも、お風呂場でしなければならない。

お風呂場の水道は、洗面所の水道と違って低いから、しゃがまなくちゃいけないし、水は跳ねるし、意外と大変。

現代人は便利に慣れ過ぎているから、少しは不便な生活に戻り、便利が普通である毎日に改めて感謝の気持ちを持ちましょうね、というカミサマからのちょっとした試練かもしれない。

さらに。

ずっと履いていたスニーカー、ついにソールがダメになった。

歩いていて違和感を感じて見てみたら、ソールがすっかりすりきれてベロンと。

散歩するのにスニーカーは必需品。

新しいのが欲しかった頃ではあるのだけれど、出費がかさむなあ(--;

そんな夜に見た夢は

外出先でトイレに行きたくなって探す夢と、

火事の夢。一軒家がぼうぼうと燃えているのだけど、夢の中の火事は臭いも無ければ音も無く、静かで大きな炎だけが印象的だった。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

牛乳じゃダメなのかな~(ダメなんだろう)

人生二度目のバリウム。

医療技術は日々進歩しているというのに、何故これは変わらないのだろう?

何年も人間ドックを受けている両親から大変だという話ばかり聞いてきた。

つまり胃の検査は相変わらず変わってないということか。

そりゃ、少しは飲みやすくなったり、改良されてるんだろうけどさー。

腹ペコの状態で、なにやら発泡するものと、ドロリとしたものを飲めってそりゃデリケートな人は気持ち悪くなるよ。

しかもそれでぐるぐる回れと言うんだから…。

ワタシは幸いあまりデリケートではないし、げっぷも出にくいたちな(気がする)ので、デリケートな人よりは、まあ意外と大丈夫だけどさ。

でも、刷り込まれた“大変な検査”という概念がプレッシャー。

これが終わったら美味しいものを食べるんだ、ショッピングするんだ!…という楽しみのために無心に乗り越えた。

(追加料金でバリウム検査から胃カメラ検査に変更できるらしい。どちらも経験済みだが胃カメラも楽とは言えないと思うけどなぁ。変な飲みものを飲まない点で楽?)

さて。

健康診断をなんとか無事乗りきり、朝昼分のごはん、がっつり食べるぞー!

と思ってたのだが、惹かれて入ったお店はハワイアンカフェ。

がっつり、だと思ったメニューは来てみたら、なんだか朝ごはんみたい(^-^;

美味しかったけどさ。

がっつり、ならばロコモコとかにしとくべきだった?

もしくは隣の和定食のお店にすればよかったかも?

でもなぁ、パンケーキが食べたかったんだよー。

Hawaian
☆カナディアンベーコン&エッグ。付け合せにパンケーキ。スクランブルエッグはフワフワで卵いくつ分?って感じ(笑)。ケチャップたっぷりかけて頂きました~♪パンケーキ用にシロップが3種使い放題。グァバとココナッツとメープルと。3種類使ってみたけど、やっぱりワタシはシロップなしのバターだけ、もしくはかけるならメープルが一番好きでした☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

留守番

父方の親戚はドライだなあ(言い方が違うかもしれないが)。

伯母さんのお通夜もお葬式も、本当に近親者だけでやるから、

ワタシは行かなくて大丈夫と親から言われたさ。

なんでも小規模は伯母さんの希望だとか。

希望と言われたら、仕方がない。

近県とはいえ、移動に時間がかかる場所なので、来なくて大丈夫と言ってもらえるのは助かるけれど

ちょっと寂しい気もする。

数年前に亡くなった、父の妹さん(叔母さん)の時も

お通夜くらいには行くつもりでいたのに、結局ワタシは行かなくていいと。

父方の親戚は、都会というほど都会の人たちではないが、母方の親戚に比べるとやっぱりドライかなあと思う。(決して冷たいとか無関心とかいう訳ではない、念のため。)

母方の方は、以前母の兄の奥さんの弟さんのお葬式にまで行ったことがあったし(特に招待されたわけでもないが、父と、行っとくか、という感じで)。

正直会ったことないし、まったく知らないなぁと思ったけど、神妙な面持ちで御焼香した。

逝く人の思い、送る人の思い…。

四十九日の法要も“来なくて大丈夫”って言われちゃうのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな夢見ました…

昨晩見た夢は衝撃だった。

髪がごそっと抜けるというか、なくなってしまっているのに気が付くという夢で、

その範囲は10円玉なんてかわいい大きさではなく、

頭の左上部分がアンパンくらいの大きさでごっそりと。

いわゆる円形脱毛という状態だったと、夢から覚めてから思った。

夢の中でワタシは、何気なく髪に触れて、その瞬間、感触の違いに気が付いたわけだ。

手を見ると、髪の残骸が指に残っている。

鏡を見ているわけでもないのに、自分の後ろ姿が見えている。

つまり夢の中でショックを受けている自分を見ているもうひとりの自分の視点がある。

(こういうところが夢だな、と思う。)

で、夢の中の私はあまりの衝撃に

「ハ、ハゲがあるー!!」と叫んだ…ところで目が覚めた。

ハゲになる夢は初めてだな。

感触とか感じがリアルだったため、起きてから鏡の前で髪に櫛を入れるのもちょっとどきどきした。

ごそっと抜けたらどうしよう…って。

もちろん、そんなことはなかったけれど。

なんか、やっぱり、ストレスかなあ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その知らせは静寂をもたらす

伯母が亡くなった。

父の兄の奥さんなので、血の繋がりはないが、親戚である。

とはいえ、親戚付き合いが多かったわけでもなかったので

会うのはそれこそ冠婚葬祭くらいだったけれど。

明るくて元気な印象しかない。

いつも笑顔で話かけてくれた。

病気になって、リハビリをしていたという話は聞いていたが、

ずっと会ってなかったので、私には元気でおしゃべりだった伯母の姿しか思い出せない。

身近な人が亡くなるとやっぱりショックだ。

いい天気の景色もどこかくすんで見える。

そして改めて「死」について考える。

命あるもの、みんな必ず訪れるものだと分かっていながら、

身近であればあるほど直視したくない、考えたくない。

自分自身の「死」よりもよっぽど周りの「死」が怖い。

………

近く伯母とお別れしに行くことになるだろう。

見守ってくれるヒトが増えると思って、

仏壇に手を合わせる時、

何気なく空を仰ぎたくなった時、

ふとした時に思い出すのだろう。

「見守っててね」と呟きながら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どひぇぇ~(驚愕)!

職場の事務所が移転するらしい。

寝耳に水でびっくり。

場所を聞いてさらにびっくり。

めちゃめちゃ遠い…。

今の仕事、家からの場所が近いというだけで応募したとこだったのに。

ヘタしたら、通勤時間が3倍近くになってしまう。

事務所、狭いし、移転の可能性はあるだろうなあとどこかで思っていたけど、

そんな都会に、ザ・オフィス街に行くとは…。

また転職…も考えなくはないけれど、

もう経歴的にも年齢的にも難しいだろうなあ、しかも近い場所なんてなおさら。

都会に引っ越そうにも、そんな余裕はないし。

下宿、もしくはルームシェアとか?

安い家賃で気の合う人とだったらいいかも。

でもねー、本音は働きたくない(オイオイ)。

引きこもりたい…(笑)。

そんな状況下で見た夢は、見知らぬ長髪の男の人に追いかけられるという夢だった。

ワタシの足は思うように動かず、逃げても逃げても笑いながら追いつかれるというなんともコワイ夢だった。

あまり、このような追いかけられる夢って見たことなかったんだけどな。

深層真理では何かに追い詰められているのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さてさて。。。

ゴールデン・ウィークの連休ももう終わり。

やっぱり、連休が始まる前が一番テンションが上がっていたかもな。

あれもしよう、これもしよう、あそこへ行って、ここにも行って、

あれ買って、これ買って、あれ食べたいな、これも食べよう♪

…みたいなね。

全部できるとはもちろん思ってないけれど、

そんな未来の希望と期待だけで嫌なことも乗り越えて過ごせた気がする(^^;

連休が終わってしまうと思うと、明日から仕事か、と思うとテンションだだ下がり。

まあ、そういう日々があってこそ、お休みの日が尊くありがたく感じられるのだろうけど。

この連休、歩こう!と思ってたけど、歩いたけど、まだ甘かったかな。

でも、暑かったし。

意思の実行力が弱かったところも相変わらず。

今度は、思い立ったら吉日!を実行しよう(今度っていつだか分かんないけど)。

おいしいコーヒー&デニッシュ(もしくはスイーツ)を目的にしてさ。

Rest

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«この日も歩いたゾ