2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« 師走! | トップページ | まるでハコ館 »

『探偵伯爵と僕』

森博嗣著

講談社文庫

感想文を書く前に、違う本を既に読み終えてしまった…。

どうも、最近ブログの更新が遅いなあ。長い文章を携帯でちまちま打つ気にならないせいか。

さて、『探偵伯爵と僕 His name is Earl』。

タイトルと、簡単なあらすじだけ読むと、児童書的な内容なのかな?と思う。

夏休み、小学生の「僕」のまわりで友達が消えた。「僕」は探偵伯爵と名乗る人物とともに消えた友達を探す。「僕」と探偵伯爵のひと夏の冒険物語…

と書いてしまうとやっぱり児童書的な印象だ。

読んでいてもしばらくは、子供が主人公の子供向けな内容かな…と思った。

が、しかし、終盤につれこれは子供が主人公だけど、内容は現実的、特に今この時代にとってすごくリアルな内容で怖いとすら感じた。

そして、ラストは森先生らしいどんでん返し…とまではいかないけど森マジック(?)が。

「良かったな」と「辛いな」と「え、それって…」と「…ってことは…」と、こういう色んな感情が読みながら、そして読んだ後も感じられた本。

印象としては、同じ著者の短編「卒業文集」を読んだ時に感じたのと同じような印象があったかな。

こういう「マジック」(?)が多い先生だ。

« 師走! | トップページ | まるでハコ館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『探偵伯爵と僕』:

« 師走! | トップページ | まるでハコ館 »