2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« 何の撮影か知りませんが… | トップページ | ただの欲求 »

『スカイクロラ The Sky Crawlers』

監督:押井守

主演(声):菊地凛子、加瀬亮

森博嗣原作の同名小説のアニメーション化。

思春期の姿のまま成長しないキルドレと呼ばれる若者たち。

戦争がショーとして行われ続ける架空の世界で、戦闘機のパイロットとして生きる彼らの物語。

原作を読んでいると、実際に散香(戦闘機)が飛んでいる姿がとても見たくなる。

だから、映像化すると知ったときはとても楽しみだった。

原作は、戦争を描いているにも関わらず、殺伐としたものではなく

とても「透明」な印象を受けた。

キルドレたちが空の上で見る世界はとても綺麗だと思ったし、戦闘シーンすら音を感じさせない。

それでいてスピード感があった。

果たして、この世界観がアニメーションとしてどう描かれるのか、とても興味が湧いた。

見終わって感じたのは、これは原作のキャラクターと設定を借りた全く別の作品だ、ということ。

もちろん、ストーリーは原作の流れに沿ったものなのだが、

なんだろう…視覚化したことによって、現実味を帯び、生々しさがでてきてしまったのかもしれない。

戦闘機による戦闘シーンは、考えていたより残酷なものだった。(当たり前なんだけど…)

機銃の音や風防が赤く染まるったりするのを見ると、これは戦争なんだってことを認識させられて辛かった。

ササクラの性別が変わってしまったこと(泣)、ラストが全く違っていることを考えると、

押井監督の世界観や解釈によって、新たに作られた「スカイクロラ」なんだろうと納得するしかない。

スカイクロラシリーズは、最後に出た「スカイ・イクリプス」まで何度も読んだものの

分からないことが多くて、このアニメ化したもので分かるんじゃないかと期待したけど、

結局やっぱり分からなかった…。

とっても透明な印象の小説なのに、どこか不透明でもあるのだ。

その点、アニメーション「スカイクロラ」は一応解釈次第で飲み込める物語になっている、かな、と。

« 何の撮影か知りませんが… | トップページ | ただの欲求 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『スカイクロラ The Sky Crawlers』:

« 何の撮影か知りませんが… | トップページ | ただの欲求 »