2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« 水無月 | トップページ | 愛想ない…( 泣) »

『閉鎖病棟』

帚木蓬生 著

新潮文庫

九州のとある精神病院を舞台にした小説。

"閉鎖病棟"というタイトルではあるが、完全に隔離された病院での出来事を描いているわけでもなかった。

主な登場人物たちがその病院へ来る事になったいきさつの物語と、その後の病院で起こった出来事が描かれている。

作者は精神科の医師だとあとがきで知り、納得。

なんていうか、精神病患者に対する偏見や差別は微塵も感じない文章だった。

精神病院を特別な場所としてとらえているのでなく、日常の連続の中にある病院の一つとして描いていて、"健常者"と"患者"、そういうとらえ方もしていないようだった。

"チュウさん"という年配の患者を中心に描かれていて、彼とよく行動を共にする人々の病院に来るまでのいきさつと、病棟での日常が淡々とつづられる。

このまま、終るのかな?と思いきや、物語終盤にして事件が…。

ミステリーといえば、事件が起こり、謎を解き、解決していくストーリーが一般的だが、

この小説は少し違う。

事件は起こる、が、終盤で、しかも犯人も動機も分かっている。

それでも、否、それだからこそ泣けた。

この小説の面白さは謎解きではない、ということ。

前半、時間の流れが分かりにくかった部分も有るが、後半になるにつれて物語に引き込まれた。

最後は電車にいながら泣いてしまった。

明るい話ではないが、真っ暗な話でもない。イメージとしては、8ミリフィルムで撮った映像のような小説だ。

« 水無月 | トップページ | 愛想ない…( 泣) »

コメント

それ前に読んだーーー号泣したようー(´o`)゜。゜゜

泣けるよね、最後まで読むと・・・。
最初は話がとぶ感じで誰が誰のエピソードが理解しにくかったりしたけど。確かに、これは凄い本だと思ったよ。
(新聞評か書店の広告欄で知って読んでみたのです。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『閉鎖病棟』:

« 水無月 | トップページ | 愛想ない…( 泣) »