2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« pixivに | トップページ | コラボ缶 »

『戦闘妖精 雪風』

『戦闘妖精 雪風』&『グッドラック』

神林長平著

ハヤカワ文庫JA

とま咲さんのブログで出会わなかったなら、きっと縁がなかった作品だと思う。

作者も知らなかったし、SF作品は読んだことが殆どないので。

あらすじは…と、書こうと思ってちょっと悩む。

ごくごく単純に言えば、異星体ジャムと戦う戦闘機・雪風と

そのパイロット深井零の物語。

とはいえ、ジャムの実体も分からないし、零の人となりも特殊。(特殊戦所属なだけに)

異星体と戦うSF作品には違いないが、

ただ「地球を守ろう!」とか「地球のためにっ!」とかいう感じではナイ。

『戦闘妖精雪風』の続編となる『グッドラック』になるとさらにテツガク的な印象が強い。

『グッドラック』は『雪風』のあとだいぶ時間がたってから書かれている。

『雪風』だけ読んでも、完結した物語として読めなくはない。

ただ、続編があると思って読むのと、完結と思って読むのとでは、

ラストの印象が変わるだろうな。

『グッドラック』に関しては、「ここで終わりかよっ!?」なシーンで終るので

まだまだ続く感満載。これで完結です、と言われると中途半端すぎる。

(もちろん、完結ではないですよ!)

最近?出た続編『ブロークンアロー』のレビューを見たところ、それでもまだ完結ではないらしい。

終着点がまったく想像できないのが『雪風』シリーズの魅力であり、

はたまた深すぎて消化不良な印象になるのか…

(それは私の理解度の無さもあるかも?)

« pixivに | トップページ | コラボ缶 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『戦闘妖精 雪風』:

« pixivに | トップページ | コラボ缶 »