2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« まじかよ、のっけから… | トップページ | 寝正月… »

『SHERLOCK HOLMES』

監督:Guy Ritchie

主演:Robert Downey Jr.

確か昨年公開した作品、だったと思う。

イギリスの超有名な探偵小説からの創作ストーリーである。

黒魔術を使い、娘を何人も殺した罪で死刑になったはずの貴族が

埋葬3日後に甦った謎に、ホームズとワトソンが挑む。

原作のキャラクターとはイメージが違う。

ホームズは確かに事件がないと、とてもだらしのない生活になってしまうが

いざ事件ともなれば、イギリス紳士らしく、きちんとした身形で捜査に向かうし、

確かに、ボクシングや日本の柔術に長けている、という記述はあるが

あまりアクションするイメージは原作にはない。たまにあるけど。

ワトソンの婚約者として登場するメアリー・モースタンという女性は

確かに原作にも登場しワトソンの妻になる人ではあるが、

彼女は父親に関係する事件で既にホームズやワトソンと知り合っている。(『四つの署名』)

この映画の中でワトソンが「彼女の両親と会う」と言っているが父親は既に亡くなっている。

それから、ホームズの唯一愛した女性としてアイリーン・アドラーという女性が

ヒロインのような立場で活躍しているが、これも原作を読んでいれば「?」と思うハズ。

確かにアイリーンはホームズにとってある意味特別な女性ではあるが、

恋愛感情とは違う、彼女の頭脳の明晰さに感服してのこと。(『ボヘミア国王の醜聞』)

アイリーンとモリアーティの関係もちょっと有り得ないと思う。

…とまあ、原作との違いをいちいち挙げていてもきりが無いのだが。

「シャーロック・ホームズ」という世界一(?)有名なキャラクター、舞台設定を使った

オリジナルの作品としてみれば、それなりに楽しめる娯楽作品かな、と。

事件の解決も魔術オチにしないで、一応ちゃんと説明をつけてくれたし。

こんな感じのホームズも良いかもvハンサムだし…と思った(笑)。

Cocolog_oekaki_2011_01_02_23_53

« まじかよ、のっけから… | トップページ | 寝正月… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『SHERLOCK HOLMES』:

« まじかよ、のっけから… | トップページ | 寝正月… »