2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« 7月ってこんなに暑かったっけ? | トップページ | 珍しく平日全部出勤な今週 »

『永遠の0』

百田 尚樹著

講談社文庫

零戦パイロットの話で、とても泣けると聞いていたので

号泣覚悟で読んだ。

26歳の司法試験浪人の(といってもここ数年めっきりやる気が出ない)健太郎と

フリージャーナリストの姉が

26歳で亡くなった祖父・宮部の足跡を辿る物語。

”娘に一目合うまでは死ねない”と生きることに執着していた宮部が

何故特攻として太平洋に散ったのか、

当時の祖父を知る同僚や部下だった人や関係者だった人々の話から

真実の祖父・宮部という男の姿が浮かび上がってくる。

最初は姉に無理矢理頼まれた感でやっていた健太郎が

祖父の姿を追うことに熱中し、自分の生き方も見直そうとするあたりとか

証言者と祖父・宮部との関係が祖母のその後と運命的にリンクしている辺りは

いかにもな展開に感じないではないが

この小説で読み取るべきはそこではないのだろうと思う。

当時の飛行気乗りの真実の姿や、日本という国の当時の体質、

戦争というものの不条理さ、そういうものが垣間見える。

宮部という人は戦場にあっても、常識的な感情、普通の感情を持った人だった。

それなのに、戦場という非日常ではそれは異分子でしかなかった。

実際にこういう人が当時いたのかは分からないけれど、

この小説を読んだあと、見上げた空はいつもと違って見えたのは確か。

遠い遠い海で散っていった彼等が、この日本を見たらどう思うだろう…

しばしそんな想いにふけってしまう。

電車で読んでいたので号泣はなかったけど、鼻はじゅびじゅび言っていた。

作者が放送作家さんだからなのかどうなのか

このままドラマになりそうな、そんな印象。

« 7月ってこんなに暑かったっけ? | トップページ | 珍しく平日全部出勤な今週 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『永遠の0』:

« 7月ってこんなに暑かったっけ? | トップページ | 珍しく平日全部出勤な今週 »