2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« チョコ | トップページ | 真面目で律儀でもなーんも良いことないな »

『蒼い描点』

松本清張著

新潮文庫

松本清張といえば、ミステリー作家の巨匠。

でも読んだことないな、ということで、読んでみた。

しかし数ある著作の中で何故この作品か?

それは家にたまたまあったから…。

メインとなる舞台は箱根。

いわく付きのフリー編集者・田倉が箱根で墜落死する。

締切が迫る中、箱根に逗留している人気女流作家を追いかけてきた若き担当編集・典子が、その現場近くに居合わせたことから

自殺とされた田倉の死に疑問を持ち、同僚の竜夫と共にその真相にせまる…

事件に関わると思われる人間が次々に失踪したり、不可解な行動をしたり

また相関関係が複雑でなかなか展開がよめなかった。

なんとなく、典子の思い込みが作者によるミスリードかな?と思ったりはしたけれど。

結局、とにかく田倉って奴は非道い男ってことで終わっちゃった感じが。

苦労した割に典子より竜夫の活躍が目立ったような。

箱根の土地勘に詳しければもっと楽しめたかもしれないと思った。

« チョコ | トップページ | 真面目で律儀でもなーんも良いことないな »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『蒼い描点』:

« チョコ | トップページ | 真面目で律儀でもなーんも良いことないな »