2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« ルドン展 | トップページ | 冬の雨 »

『ルドンとその周辺~夢見る世紀末展』

と、いうわけで

先日、三菱一号館美術館で開催されている美術展に行ってきた。

土曜日とあって、かなり賑わっていた。

実はルドンに興味があって、というよりも美術館の建物に興味があって

一度行ってみたかったんだよね。

レンガ造りの外観のレトロな洋館。

東京フォーラムから意外に近くてびっくりした。

今まで気が付かなかったなんて。

内部はちょっとした中庭みたいになっていて、すごく素敵な空間だった。

もう少しゆっくり中庭散策したかったかな~。

美術館内部はレトロな外観とは違い、近代的。

バリアフリーの自動ドアがなかなかシュール(^^;)。

美術展はルドンの作品がメインだったけど、

「その周辺」ということで、他の芸術家の作品もあって

(もちろんルドンに関連してるわけだけど)

とても面白かった。

予期せずにモローの作品に出逢えてかなり嬉しかったv

西洋美術館に行った時もだけど、”予期せずモロー”は「来てよかった♪」感を倍増させます。

一番楽しみにしていた「グラン・ブーケ」。

想像以上に大きくて「おおっ!」って感じ。

ルドンの作品は奇妙なちょっとグロテスクなものが多かったけど、

特に黒白のリトグラフなどは…。

「蜘蛛」はなんだかちょっとかわいかった(笑)。

ニターって笑ってて、不気味なんだけど、そこが何とも言えず…(^^;)。

20120204194408
↑美術展に行くと便箋を買うことが多いのだけど、今回は売ってなかった?ので「グラン・ブーケ」のポストカードを購入。

« ルドン展 | トップページ | 冬の雨 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ルドンとその周辺~夢見る世紀末展』:

« ルドン展 | トップページ | 冬の雨 »