2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« さくら | トップページ | 地元も満開 »

『1Q84』

村上春樹著

新潮社

BOOK1~BOOK3で完結(一応)。

読み始めは、翻訳モノみたいだな…と思った。

ハードボイルド?ロマンス?SF?サスペンス?

読んでいて色々と印象が変わって、最終的にはファンタジーかな、って思った。

いや、やっぱり恋愛モノかもしれない。

読み終わってこの作者の他の著作も読んでみたい!…とまでは思わなかったけど、

『1Q84』を読んでいるときは面白いと思った。確かに売れるわけだ、と。

でも…BOOK3で終わり!?そこで終わりかよっ!?という感じは強い。

「空気さなぎ」も「リトル・ピープル」もふかえりも、ドウタもマザも分からないことだらけ。

あれで本当に終わりなら、結局、青豆と天吾のお話だったんだな、と思うしかない。

二人が良ければ良いのかい、と思わざるを得ない終わり方。

その後1984はどうなったのか?

1Q84から還ってきたからって1Q84での出来事が消えてなくなったわけではないんでしょう?

それとも、1Q84の世界は1984の世界とは別世界、登場人物も出来事もすっかり違うと考えるべきなのか?(いや、それは無理でしょう)

確かに創造力、想像力はかきたてられるけど、とても中途半端で投げ出された感じは否めなかった。

BOOK1~3まで一気に読みたくなるだけに…。

ここまで読ませて、それで終わりかい!?的な印象。

« さくら | トップページ | 地元も満開 »

コメント

確かに翻訳ものみたいな感じが、村上春樹の本には多いですね。一気に読ませるわりには、記憶に残らないのですが、、、それは、私の頭のせい?(笑)

>Lisaさん
コメントありがとうございました!
実は村上春樹作品は「1Q84」の他には「キャッチャー・イン・ザ・ライ」しか読んだことがなくて…(翻訳モノ…)。
そうですか、他の作品もそんな感じなのかな?
決してLisaさんのせいではないと思いますよ~。
「村上作品の中では「1Q84」は比較的読み易い方だ」と聞きましたし。
それって他の作品はもっと分かりにくい、というか理解しにくいってことですよね…。
それでも「一気に読ませる」ってトコが作者の力量なんでしょうねえ。

作風が初期の頃と変わっています。
私は「アンダーグラウンド」(地下鉄サリン事件の被害者からの聞き取り)の頃から違うように思います。

>Lisaさん
なるほど。作風が違うんですか。
Lisaさんは、今と初期の頃と、どちらが好きとかありますか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『1Q84』:

« さくら | トップページ | 地元も満開 »