2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« すべては疲れのせい…か | トップページ | 豆腐ドーナツとな!? »

『DARK SHADOWS』

監督:Tim Burton

主演:Johnny Depp

とても久しぶりに地元の映画館に行ってみた。

昨日はレディースデイだったので…。

めちゃめちゃ空いていて、プライベートシアターの気分で、ど真ん中で見た。

それでも周りに人影なし。これ以上はない環境。

結構古い映画館だけど、改装したのかシートもふかふかだし、綺麗だったし。

 <ストーリー>魔女の呪いでヴァンパイアにされたバーナバス・コリンズは生き埋めにされ、約200年後に偶然蘇る。かつては地元の名家だったコリンズ家は現在ではすっかり没落。バーナバスはコリンズ家を再興しようとするが…。

よみがえった世界は1972年という設定なので、現代の私たちからするとちょっと昔の話、ということになる。

それでも、200年さらに昔の世界から突如よみがえったバーバナスには驚くことが多い。でも、意外とあっさりなじんじゃったな~と思った。

バーナバスをヴァンパイアに変えた魔女アンジェリークは、彼を愛するあまり嫉妬にかられて、彼をヴァンパイアに変えたり、彼の最愛の女性や両親を殺したり、コリンズ家を呪うわけだけど、

だいたいもとはと言えば、アンジェリークを弄んだバーバナスが悪いんじゃ…と思わなくもない。

とはいえ、アンジェリークの悪女っぷりもなかなか凄くて、バーナバスに同情してしまう気持ちもなくはないけど。

すっごい笑えるコメディーかと思っていたけど、そうでもない。

どちらかというと最初はホラー?と思ったくらい。PG-12がなんとなく分かった。

T.Burtonらしい映画といえばそうかな、って感じ。

でも、ねえ…うーん。

煮え切らない感想ですみません。そんな感じだったんです。

デヴィットとヴィッキーは可愛いな~、と思った(^^;)。

終盤、アンジェリークとバーナバスの対決では、なんだか懐かしい映画を思い出した。

なんだっけ…。あ、そうそう『永遠に美しく』だ。

« すべては疲れのせい…か | トップページ | 豆腐ドーナツとな!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『DARK SHADOWS』:

« すべては疲れのせい…か | トップページ | 豆腐ドーナツとな!? »