2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

見たいな〜

『グスコーブドリの伝記』7月7日から公開だそうで。

見たいな〜。

アニメだけにお子様ばかりだったら居づらいけど…(^^;)。

そして『のぼうの城』。

ずいぶん前に公開予定だったけど、あの地震のために遅れて

(水攻めのシーンが津波被害を連想させるからって…。ま、確かに仕方なかったと思う。)

で、やっと今年の11月に公開されるらしい!

こっちも見たいな(>_<)!

もともとシナリオ登龍門で受賞した作品とのことなので

映画化による小説とのギャップは少ないと思ってて期待してるのですが。

11月…まだ先だけど、見に行けるといいな。

豆腐ドーナツとな!?

帰宅したら、お土産があった。

改装したT駅に先日オープンしたお店で試しに買ってみたらしい。

豆腐ドーナツのお店とのこと。

食べてみたら、普通のドーナツより少し焼き菓子っぽかった。

ジンジャーシュガー?みたいなのが表面にかかっていたのを食べたけど、

なかなか美味しー( ̄▽ ̄)♪

でも、豆腐ドーナツって、豆腐100%…じゃないよねえ?

おから+小麦粉、かなあ?

ぼそぼそすることもなく、しっとりふわふわで、また食べたいと思った~v

Cocolog_oekaki_2012_06_28_23_47

『DARK SHADOWS』

監督:Tim Burton

主演:Johnny Depp

とても久しぶりに地元の映画館に行ってみた。

昨日はレディースデイだったので…。

めちゃめちゃ空いていて、プライベートシアターの気分で、ど真ん中で見た。

それでも周りに人影なし。これ以上はない環境。

結構古い映画館だけど、改装したのかシートもふかふかだし、綺麗だったし。

 <ストーリー>魔女の呪いでヴァンパイアにされたバーナバス・コリンズは生き埋めにされ、約200年後に偶然蘇る。かつては地元の名家だったコリンズ家は現在ではすっかり没落。バーナバスはコリンズ家を再興しようとするが…。

よみがえった世界は1972年という設定なので、現代の私たちからするとちょっと昔の話、ということになる。

それでも、200年さらに昔の世界から突如よみがえったバーバナスには驚くことが多い。でも、意外とあっさりなじんじゃったな~と思った。

バーナバスをヴァンパイアに変えた魔女アンジェリークは、彼を愛するあまり嫉妬にかられて、彼をヴァンパイアに変えたり、彼の最愛の女性や両親を殺したり、コリンズ家を呪うわけだけど、

だいたいもとはと言えば、アンジェリークを弄んだバーバナスが悪いんじゃ…と思わなくもない。

とはいえ、アンジェリークの悪女っぷりもなかなか凄くて、バーナバスに同情してしまう気持ちもなくはないけど。

すっごい笑えるコメディーかと思っていたけど、そうでもない。

どちらかというと最初はホラー?と思ったくらい。PG-12がなんとなく分かった。

T.Burtonらしい映画といえばそうかな、って感じ。

でも、ねえ…うーん。

煮え切らない感想ですみません。そんな感じだったんです。

デヴィットとヴィッキーは可愛いな~、と思った(^^;)。

終盤、アンジェリークとバーナバスの対決では、なんだか懐かしい映画を思い出した。

なんだっけ…。あ、そうそう『永遠に美しく』だ。

すべては疲れのせい…か

また、忘れ物したー(x_x;)。

持って行くものを忘れるのではなく、持って行ったものを持って帰るのを忘れる…。

早く帰りたい〜という気持ちが強いのかね。

外した時計を忘れるのは2回目だ。

昨日はさらにサブバックを忘れた…。

昨日は涼しくて上着を着ていったので、仕事中脱いだ上着を忘れないように、と思ってて、別のもの忘れてるし…。

なんか、自分がイロイロとだんだん駄目になっている気がする…(=_=;)

『麒麟の翼』

東野圭吾著

講談社

加賀恭一郎シリーズ。

映画化にもなった作品。

東京・日本橋「麒麟」の像の前で、刃物で刺された男性が発見される。

容疑者と思われた青年は、警官の職務質問から逃れようとしたのか、道路に飛び出し事故に遭い瀕死の状態で病院へ。

派遣切りにあった青年による物取りの犯行という単純な事件かと思われたが、

いくつかの疑問点から、加賀は事件の真相は別にあると捜査を開始。

やがて浮かび上がる真相・・・。

被害者が「麒麟」の像の「前」で倒れた理由とは…?

加賀シリーズを読んだのはは「新参者」についで2冊目。

どちらかというと、こちらの方が暗くて重い…感じがした。

最初からずーっと、真相が分かったらさらに。

事件が解決しても、あまり明るい方向にいかなそうだな…と雰囲気で感じつつも

先を読まずにはいられないという展開だった。

個人的には「新参者」の方が面白かった。伏線がちりばめられていて。

映画は見ていないけれど、どんな感じだったんだろ?

…とは思うけれど、それほど見たいとは思わない、かな。

被害者も被害者家族も、容疑者とされたヒトもその近親者も、事件につながるに至ったその前の話も、

なんか暗そうで辛そうだから…。

紫陽花

紫陽花がきれいに咲いているのが目につくようになった。

時期ですからね…。

かたつむりはあんまり見ないな、最近。

ところで、紫陽花は咲く土のphによって色が異なるというけれど。

イヌイカの住んでるマンションの敷地内にも紫陽花が咲いていて、

お隣同士並んで咲いているのに色が違う…。

一方は青い紫陽花で、もう一方はそれはもう見事に鮮やかな赤紫。

同じ土壌だと思うんだけど、ph違うのかな。

それとも青と紫、同じ青系ってことで一緒なのかな。

(それにしては見た目の印象は全然違う色なんだけど…)

少し寝坊

連休が滅多にないので

1日で疲れをリセットし、なるべくリフレッシュさせなくては…と思っている。

だからといって、ずっと寝ているとかすると、かえって疲れる。

普段とあまり変わらないリズムで、いくぶんゆったり過ごすのが良い。

で、いつも通りに目覚ましをセットしているのだが、

何故かお休みの日は目覚ましが聞こえない…

仕事に行く日なら、バイブだけではっと目が覚めるのに。

やっぱり緊張感が違うのかな?無意識レベルで。

雨音で目が覚めた

朝から…というか、昨晩未明から

なんだかすごい雨だー。

午後には止むと言っていたけど、

行くときに雨ってちょっとうざいなぁって思っちゃう。

梅雨時は仕方ない。

けど、梅雨が終わると今度は本格的な夏になる…。

暑いのも辛いからなぁ…

はっ!もうすぐアートコンテストの搬入期間!

今年はずいぶん早く水張りしたのに

いかんせん何も思い浮かばない…。

今から無理やり間に合わせても佳いものが出来るとは思えない、けど、だけど、参加したかったんだけどな…orz

できることなら隠遁生活?

ふと、チャンネルを変えたら

わりと好きな映画がやっていた。

そんなにゆっくりもしていられなかったので

最初から最後までじっくり見られたわけではないのだけど、

見ている間だけは、その世界に浸かって心配事とかそういうマイナスな気持ちから解放された気がした。

で、「いい映画と、いい本があれば、ずっとひとりで家の中もいいな」とふと思ってしまった。

これは、あまりよくない傾向…。気持が下向きかもしれない…

ああ、こんなイヌイカに誰かアイの手を~(苦笑)。

すっごい暴風雨だった…

台風、関東上陸!

…と言われた昨日。

出勤するときはまだ雨も降ってなかったのに

(だから油断して、レインブーツ履いていかなかった。くそぅ!)

昼休みの頃には降り出していて、

(しかも温度は高め、外に出るともわっとした空気。いかにも温帯低気圧だな、って感じの…)

帰りにはかなりの雨量になっていた。

強い風をともなう台風がくるってことは言われてたから、

なるべく早く仕事を終わらせて帰りたかったけれど、

なんだかんだとちょっと遅くなってしまって

結局、自宅の最寄り駅に着くころには、もうすっかり台風の雨と風…。

でも、まだ、かろうじて傘をさせたので頭は濡れなかったけれども

靴もスカートもブラウスもずぶ濡れ。

久しぶりに濡れ鼠になったわ~。

やれ、やれ。

たたた台風?

6月に台風だって?

本州上陸?

遅くなる程、風が強くなるから要注意?

帰る頃、雨風酷くなるのかなぁ…電車止まっちゃうくらいひどくなったら嫌だなぁ…

なるべく早く仕事終わらせて、さっさと帰りたいとこ、なんだけど…

迷った末に結局購入

『和樂』7月号。

Waraku

新聞広告見て、気になってて

本屋さんに行って、見て、迷って、

もう一回行って結局買ってしまった。

「この一冊で琳派も印象派も分かる!」なんて見出し書かれたら…。

おまけにフェルメールの一筆箋付きときたら…。

(一筆箋は展覧会に行くとよく買ったりする。

でもこれはさすがに付録だけあって、カラーではないし、罫線もなし。だけど、ま、いっか。)

フェルメールの一筆箋なら、マウリッツハイスかベルリン美術館展行けばいいのに、って話なんだけど。

実物の絵も見られるのに…。

はああ、行きたいけど、気力が体力が…。右目の痙攣が…。

息抜きしたいなあ。

この先ふわりとした穏やかな気分に浸れることが、いつか、ある、かなあ…?

ドリンクバーって…

ランチに地元のパスタ&ピザのお店に行ったら、

ドリンクメニューがなくなり、いわゆる”ドリンクバー”になっていた。

ドリンクバー、最近多いな、と思う。

特にファミリー向けのレストランはほとんどコレ。

好きなものを好きなだけ飲めていいけど。

(…という程いつも飲めないのだが。)

ただ、どうしても、最初温かい飲み物飲んで、冷たいのも飲もうかな、と思うと

少し抵抗を感じてしまう…。

最初マグカップで、今度グラスも使って、なんか洗い物増やしてごめんなさい的な。

それから、同じ飲み物飲んでるときはいいのだけど、

全く違うもの飲もうと思った時、新しいマグ(あるいはグラス)使っちゃうのもなんか抵抗が…(^^;)。

それとも、みなさん、あまり気にせず、使ってたカップはそのままにどんどん新しいマグやグラス使っちゃってるのかなあ?

そうそう、特に悩んだのは某ファミレスで、

紅茶の葉っぱが充実してるのはいいのだけど、

カップひとつひとつに茶こしがセットされてるあのティーグラス…

違うお茶、飲みたいなって思ったら、やっぱち違うグラスを使わないと飲めないよなあ、

テーブルがティーグラスでいっぱいになってしまうし、

後から来るお客さんのグラスがなくなってしまったら申し訳ないなあ、

などとついつい考えてしまい、

結局同じ茶葉のおかわり、もしくはコールドドリンクにしてみる、みたいなことが結構ある小心者(?)である。

ほっと一息の時

職場のPCが新しくなった。

最新すぎて使いづらい…。慣れるまでは仕方がない。

新しいPC、イロイロ見たいし触りたいけど、

余計なことする時間はない…。

定時にあがりたくて、早めに行ってるのにそれでも最近定時にあがれない…。

まあ、いい、稼ぎ時と考えればいいのだ。

帰宅して、ご飯食べて、お風呂入って、

やっと一息。

ホットミルク片手にぼーっする。

眠くなってしまうのが難点だけど。

健康に悪そうな気分

なんだか、気分が落ち込んできた。

梅雨だし。

もお、泣いちゃおうかなって思うコトがあった。

でも泣かないけど。

今はこういう時期なんだと割り切ろうと思っている。

人生楽ありゃ苦もあるさ。

自分のしたいこととはまったく、全然違うことで忙しいけど

これもいつかきっと何かの糧になるのだろう…

とでも思わなきゃやってられない。

一発逆転満塁サヨナラホームラン的な、そんなことって

あるのかなあ…

梅雨ですから

なんか、休みのたびに雨だなあ、という気がする。

昨日も雨で、寒いし…。

まあ梅雨だからしかたないけど。

それにしても、冷たい雨だと出掛ける気にもなれない。

これは、カミサマが「休めよ」と言っているのだと思おう。

右目のまぶたは痙攣するし、最近毎朝のように右足が攣るし。

疲れがたまってることはたまってるんだろう。

必要最低限のお買いものぐらいで、昨日はおとなしく過ごしたさ。

観たり、描いたり、書いたり、読んだり。

誕生日に落雁を

先日の母親の誕生日に
 
彼女が好きな『落雁』を買って帰ろうと思い立つ。
 
で、地元のデパートに寄ったのだけど、意外にない…。
 
やっと見つけたのは、全国の銘菓の一部を集めた1コーナー。
 
『落雁 諸江屋』というお店の『花うさぎ』。(金沢のお店らしい)
 
入れ物も可愛らしいけど、紙で個別包装された落雁が、赤、白、緑とあり、それぞれ花の形になっていて、それもまた可愛らしい。
 
ひとつ食べてみたら、まあ上品な甘さの上品なお菓子!…と思った。
 
お抹茶とかに合うんだろうなぁ〜(*^_^*)

疲労のピーク?

参考書を読んでいたら、そのまま眠ってしまったらしい。

最近よくあること。

部屋の電気が点いたまま…?

一番表層の意識がぼんやりと考えている。

ああ消したっけ?いや消してない…確かめないと…目を開けてみれば一目瞭然…

二番目の意識が起き出してくる。

起きろ、とりあえず、体を起こそう…起きて起きて

と、右手で頭を叩いた…のはまだ夢の中だった。

やっと一番奥の意識がはっきりしてくる。

おっと、電気やっぱり点けっぱなしか…

ふらふら立ってやっと消す。

うー体を覚醒させるまで、久々に時間がかかったな…

それほど意外に疲れてないと思ってたけど、やはり疲れているのかな…

電話

隣の部署が誰もいなかったので

かわりに鳴っている電話を取ったら

「○○○(社名)の××(個人名)ですが、担当のものお願いします。」

と若い女性の声。

「…え?担当のモノ、ですか…?」

思わず聞き返してしまった。

その部署にもちろん”モノ”という名前の人はいない。

つまりは「担当の方お願いします。」

というべきトコをこの人はなんだか知らないけど

「担当のものお願いします。」と言っちゃったんだな、と。

あまり聞かない敬語のミスにこちらがなんだか慌ててしまった瞬間だった。

最初何言ってるのか把握できなくて。

マナーというか敬語ミス?

初歩的すぎる気がするけれど…。

思ったほど辛くなく…

先日の夕ご飯。

朝はご飯食べて、お昼はパンを食べたので、夜はうどんにしよう、ということで。

たまには変わったつけうどんを。

”麻婆茄子うどん”

実はレシピにはそうめんで、とあったのだけど、そうめんはちょっと気分じゃなかったので

うどんにしてみた。でも、うどんでも違和感なく美味しかった♪

野菜たっぷり、苦みも辛みも甘みもあって箸が進む一品でありました。

市販の麻婆茄子の素を使ったから、超簡単だし( ^ω^ )。

20120606

本屋さんで時間をつぶす

一昨日は友人と飲む約束をしていたが

仕事が意外に早く終わり、待ち合わせまでだいぶ時間があったので

本屋さんで時間をつぶすことにした。

本屋さんに行くと、ついついお金を使ってしまいそうなんで

はっきりとした目的がある以外には近づかないようにしていた最近。

(本好きだけに辛いとこなんだけど)

ひさしぶりにぶらぶら文庫コーナー眺めていたら、

まあ、読んでみたい本の目白押し…。

好きな作家さんの新刊(といってもいつ出たものかしらないけれど)があったり、

前に好きだったシリーズの続編が出ていたりと、もうどうしよーっ!

とりあえず、買うものと、借りるものと冷静に考えることにした。

本棚が飽和状態ですから…。

で、ふと、宮澤賢治の文庫「銀河鉄道の夜」の帯を見ると…

「グスコーブドリの伝記」が映画化(アニメ)されると書いてあるぢゃないですか!?

私の中では最も好きな賢治作品と言える作品。

たぶん、以前にもアニメ化作品はあったと思う(見た気がする)。

けど、今回はアニメ版「銀河鉄道の夜」と同じ猫のキャラクターのアニメっぽい。

(漫画化したものの映画化ってことかな)

あー見たいかも~(≧m≦)

油断

ありゃぁ…。

なんかモチベーションが上がらなくて、うだうだしてたら

電車、行っちゃった。

といっても、かなり時間的な余裕はあるのだけど。

朝は出勤ラッシュで混むから、

ついつい早めの電車に乗ろうって思ってしまう。

乗り換えあるし。

だからって決して座れるわけではないのだが。

高校、大学の友人たちの影響で(^^;)だいぶ、治った?と思うけど、

まだちょっと、だいぶ、せっかちだなぁと思う。

傘要らなかった昨日

天気が良くなくて、気温も上がらないというから

傘を持ち、上着まで着て行った昨日。

朝は確かに涼しかった、が。

昼休み、買い物に出たら晴れてるし、しかも暑いし。

なあんだ、傘、要らなかったじゃん。

レインブーツ履いていかなくてよかった、と思った。

ま、雨降らないと思って降られるより、

降ると思ってて降らなかった、のがまだ良いけど。

*****

映画見たいな。

シリアスなものより、楽しいのがいいな。

一時、鬱々とした気分を解消させてくれるような。

号泣できる映画もストレス発散になるけれど。

何で泣けるかは見てみないと分からないからなあ。

先月の写メ

家の近隣にある用水路…なんだろな、よく分からないけど。

桜の季節は、水面に桜が散ってとても綺麗なところ。

新緑の季節、良いお天気だったので写真撮ったのだった。

特に何の変哲もない住宅街の一角…(^^;)。

Oneday

昨日の地震

昨日の夕方、地震があって、結構揺れた。

普段なら、動悸がして、怖くてそれでも逃げ道の確保!とか、頭が回るのだけど、

昨日は動じず、内心『やめてよねー…このタイミングで…』と恐れの前にイラッとしてしまった。

ちょうど、映像機器の配線してたとこだったんだよねー。

揺れる薄型TVを押さえつつ、マニュアルを見ながら確認してた。

うーむ、こういうことに熱中してると地震にも動じないのか…と己の性格を新発見。

だが、ちょっとした地震だったからよかったものの、

大地震だったら逃げ遅れるぞ!

油断大敵、天災を甘く見てはいけませんよね…。

6月だ~

おっと、6月だ。

そうか、衣替えか。梅雨の季節か…。

なんだかわからないうちに日々がどんどん過ぎてゆく。

一日一日はなんだか長く感じるけれど、

過ぎてみると早いな、とも感じる。

色々考えることも多いけど、梅雨の季節になるとさらに思考がマイナー方向になりそうだな…。

楽しいな、シアワセだな、と感じることがこの先少しでもあるといいのに、と思う。

できることをできるだけ懸命にやって、

いつか「あの時がんばったから今があるんだな…」としみじみ思える日が来ることを祈ろう…。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »