2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« 木枯らし1号って…。 | トップページ | 風が冷たくて »

『町長選挙』

奥田 英朗著

文春文庫

トンデモ精神科医・伊良部一郎シリーズ第三弾。

「オーナー」「アンポンマン」「カリスマ稼業」「町長選挙」の短編4編が入っている。

タイトルにもなっている「町長選挙」以外は

読んでると、あー、アノ人のことかな?

と、なんとなくみんながよく知っている著名人が浮かんでくる。

もちろん、小説なのだが、もしかしたら、実際こうなのかもねえ…と思わせる。

著名人ならではの苦労によって、伊良部センセイにお世話になるわけだけど

相変わらずの伊良部センセイ&マユミコンビで、

いつの間にか、患者それぞれ背負ったものが軽くなっていってく。

読んでる私は、センセイにも患者にも感情移入するわけでもなく、

第三者的に時に苦笑しながら、時に同情しながら、楽しめた。

「町長選挙」は、伊良部センセイが短期でやってきた

過疎の離島で繰り広げられる町長選挙がストーリーの中心。

これまた、小説だけに、とてもはちゃめちゃな選挙活動が繰り広げられているわけだけど

小さな集落だと、こんなこともあるのかなあ…なんて思えたりもして

出向の公務員・宮崎クンに同情してしまう。

伊良部センセイも絡んで、町長選挙はどうなるの!?

と、こちらもどきどきしながら読んでいたのに

(なんと投票日前日に島を挙げての棒倒し大会が…!)

ラストは、えー、ここで終わり!?という、憎い終わり方。

でも、上手い終わり方とも言える。

しかし、だんだん伊良部センセイのワガママ、そして見事な子供っぷりが強化されていくような…(^^;

« 木枯らし1号って…。 | トップページ | 風が冷たくて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『町長選挙』:

« 木枯らし1号って…。 | トップページ | 風が冷たくて »