2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« 単なるツブヤキ | トップページ | 『バチカン奇跡調査官 千年王国のしらべ』 »

『オーデュボンの祈り』

伊坂 幸太郎著

新潮文庫

コンビニ強盗をして、最悪な知り合い警察官につかまってしまった元SEの伊藤。

載せられたパトカーが事故を起こし、その隙に夢中で逃げ出した伊藤だったが、

目が覚めた時、彼はまったく知らない小さな「島」に居た…。

「荻島」というその島は、100年以上島の外と交流を絶っており、

島独自の”ルール”で人々が生活していた。

未来が分かるという喋る案山子「優午」や、なんだか奇妙な人々との出会い、

そして次々起こる”出来事”…。

いかにも伊坂ワールドなストーリー。

ファンタジーっぽいけど、バイオレンスもあり、ありえない世界の話なのに、

伊藤と一緒にどんどん”荻島”に、物語に引き込まれていく。

島での出来事、島の外での出来事、そんなバラバラのパズルのピースが、

やがて自然と1つの形になっていく終盤は、

ああ、そういうことだったのか…と心地よい。

途中、読んでいて怖くなるようなバイオレンスな部分もでてくるが、

ラストがとても綺麗な終わり方だったので、すっきりとした印象が残った。

さすが。

« 単なるツブヤキ | トップページ | 『バチカン奇跡調査官 千年王国のしらべ』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『オーデュボンの祈り』:

« 単なるツブヤキ | トップページ | 『バチカン奇跡調査官 千年王国のしらべ』 »