2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« 温度差が良くないんだよ | トップページ | え、嘘、すみません~ありがごうございますぅ »

『ドイル傑作集Ⅰ ミステリー編』

コナン・ドイル著

延原 謙訳

新潮文庫

イヌイカの大好きなS・ホームズシリーズで有名なコナン・ドイルの

ホームズシリーズ以外の作品が収録されている本である。

ドイル作品の中でも、ミステリーの短編8編が収録されている。

うーん…なんていうか、やはりホームズというキャラクターが小説の中で

いかに”魅力的”なキャラクターであるかを再認識したかな、と。

いや、たぶん、読んだ本がかなり古い発行のもので

字も小さくて読み難かったというのもあると思うのだけど、

読みながらついつい睡魔に襲われたことが何度か…。

それでも、8編の中で最後の2編は印象に残った。

1つ目は「悪夢の部屋≪The Nightmare Room≫」

冒頭からなにやら不穏な雰囲気から始まり、ちょっと舞台脚本のようだな…なんて

感じていたら、とても意外なラストで、

え、これってミステリー…?という感じ。

2つ目、この本のラストに収録されていて、私的にはもっとも良かったと思ったのが

「五十年後≪John Hanford and John Hardy≫」

これもミステリー?と感じる作品ではあったが、最後ちょっと感動してしまった。

でも、やっぱりホームズシリーズがいいな~(^^;

« 温度差が良くないんだよ | トップページ | え、嘘、すみません~ありがごうございますぅ »

コメント

おはよう
本好きですね♪
本は温泉雑誌以外読まなくなったなぁ~(笑)。
学生の時に読んだ子供向け作家のE・ブライトンおばさんの小説が好きでした。
B級設定で楽しいんですよね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ドイル傑作集Ⅰ ミステリー編』:

« 温度差が良くないんだよ | トップページ | え、嘘、すみません~ありがごうございますぅ »