2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« 月の写真 | トップページ | 文庫版コミック10巻流し読み »

『幻海 Tha legend of Ocean』

伊東 潤 著

光文社文庫

舞台は、安土桃山、織田信長亡き後、豊臣秀吉がほぼ天下を手中に収めようとしていた

ちょうどその頃。

主人公は、イエズス会の宣教師シサット。

キリスト教の布教のため遠い日本までやってきたシサットだったが、

その頃、日本はキリスト教禁止令が出ており、

外国人が長崎以外に出ることすら難しい状況にあった。

なんとか布教の許しを得るため、都へ赴いたシサットに、

秀吉は抵抗を続ける小田原・北条氏征伐に手を貸したら許可証を出すという。

航海術と天文学を学んでいたシサットは、かくして小田原征伐の船に乗り込む…。

伊豆半島の左側部分での海戦がくわしく描かれていて、

その辺りは完全な歴史モノ戦記モノなのだけど、

伊豆半島の奥地にあるという黄金であふれた海人国や、

海に現れるという”黒龍”の噂が出てくるあたりから、ファンタジー色が強くなってくる。

シサットは高潔な人柄で、でも柔軟な思考力の持ち主でもあり、魅力的なのだが、

彼にまして、図らずも秀吉の命令によりシサットと行動を共にすることになった

岩見重太郎という人物がとても魅力的!

物語は合戦モノ、というより海洋冒険モノという感じ。

エンディングは二転三転し、裏切り謀は戦国の世の常とはいえ、

お前だったかー…と思わずにはいられない感じだった。

結構面白い小説だったのに、タイトルとこの文庫のカバーがなあ…。

なんかもったいないというかイメージと違うというか…。

海洋ファンタジー前面に押し出したようなイラストカバーにすればいいのに、

もちろん、重太郎とシサット押しのイラストで、

などと超余計なことを考えてしまった。

« 月の写真 | トップページ | 文庫版コミック10巻流し読み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『幻海 Tha legend of Ocean』:

« 月の写真 | トップページ | 文庫版コミック10巻流し読み »