2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« 整理整頓その① | トップページ | 雪だー »

『鉄道員(ぽっぽや)』

浅田 次郎 著

集英社文庫

なぜ今、こんなベタな作品を?

何故なら、泣ける本を読みたかったから。

浅田作品と言えば、これまで歴史モノしか読んでなかったな~。

映画化された作品も入っているこの文庫、ずっと気になってはいたのだが。

特に表題作の「鉄道員」。

映画は見ていないのだけど、TVでやっていたのをほんの一瞬だけ見て

何故か前後の物語もよく知らないクセに、泣けてしまったという体験がある。

これは原作読んだらきっと号泣ものだろう…と思っていたのだけれど。

この本は8編の短編が入っている。

ちょっとした奇跡の物語だったりもするわけだけど、

きっともう少し年齢が上の男性が読んだ方が泣けるのかなあ、と感じた。

確かに読んでて、たびたび涙腺は刺激されたけれども、

涙を流すまでにはならなかったなあ。

読んでる場所が満員電車というのも良くなかったかもしれない。

ひとりで集中して読んだら号泣したかもしれない?

私的には『鉄道員』と『オリヲン座からの招待状』がやはり良かったかな。

どちらも映画化された作品だ。

『うらぼんえ』のおじいちゃんも良かったなー。

« 整理整頓その① | トップページ | 雪だー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『鉄道員(ぽっぽや)』:

« 整理整頓その① | トップページ | 雪だー »