2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« ドラッグストアにて | トップページ | 春の嵐 »

ポーラ美術館

お休みを取った昨日、天気も上々。

昼間は初夏を思わせる陽気で、花粉も飛びまくってると思われる中

ちょっとお出かけ。

ひとりで高速バスで行こうかなあ、と考えていたのだが、

父上に車を出してもらえたので、家族3人でドライブということになった。

出がけの交通情報で、事故が絡んで混んでいるとは聞いてはいたが…。

一般道も高速も渋滞していて、やっと着いたパーキングエリア。

Ashigara1

東名足柄下り線パーキングエリア…といえば

Asihgara2

某TVプログラムとコラボイベント開催中。

が、私の目的はココではないので、休憩したのち先を急ぐ。

御殿場ICを降り、箱根の山に向かっていくこと20分くらい。

目的地はそう『ポーラ美術館』。

Polamuseum

ここでやっている「ルノワール礼賛 ルノワールと20世紀の画家たち」という展覧会の招待券をもらっていたのである。

せっかくだから、ということで箱根くんだりまでやってきた、というわけ。

ルノワール人気なのか、季節も良くなってドライブに訪れる人が多いのか

意外に人が結構来ていた。

展覧会自体は、親切な解説パネルが多かったのは良かった思うけど、

「20世紀の画家たち」ということでルノワールと同時代、もしくは近い時代に活躍した画家たちの作品も並べられ、裸婦、とか風景、とかジャンル分けて展示されているのだが、

なんとなく散漫な印象も無きにしも非ず。

印象派、と展覧会名入っていないだけに、印象派の絵画はルノワールのみで、

ポスト印象派が少し、フォーブ、キュビズムそんなところの作品が多かった。

見たことないピカソ作品が見られたのはちょっと嬉しかったけど。

地下1階の他の企画展示?やガラス作品も見られた。

アールヌーヴォーの代表ともいえる、ドーム兄弟の作品やガレの作品がたくさんあって

こっちは単純に綺麗だなあ~と感動してきた。

私的には「船上の昼食会」とか「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」は好きだけど

特にルノワールが好き!というわけでもないのだ。

女性像の(作家の中の)理想的すぎるような感じが苦手かもしれない。

なわけで、ミュージアムショップで購入したのは↓ポストカード二点。

Polamuseum2

レオナール・フジタとドガのポストカード。

そう、フジタの「小さな職人たち」が見られたのは嬉しかった!

« ドラッグストアにて | トップページ | 春の嵐 »

コメント

イヌイカさん


藤田嗣治先生は私にも多少の所縁があり
小さな職人たちの話題は嬉しいものです
子供を画いたものや猫など素晴らしいですね

今はもうありませんが
以前、丸の内の帝国劇場の地下に
とあるレストランがありまして
味もさることながら
壁面は「レオノール・藤田」の子供を画いたエッチングで
統一されていて素晴らしい空間でした


銀瀧

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポーラ美術館:

« ドラッグストアにて | トップページ | 春の嵐 »