2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« ひとり傷心さんぽ | トップページ | こどもの日 »

『大聖堂 (上)』

ケン フォレスト 著

矢野 浩三郎 訳

ソフトバンク文庫

舞台は12世紀のイギリス。

建築職人のトムは、いつか自分の手で大聖堂を立てたいという夢のため

家族を連れての放浪の旅を続けていた。

しかし、王が亡くなり国内は混迷の時代を迎え、トムもまた大聖堂どころか

仕事にありつけないまま、とうとう日々の食事にも困ってしまう事態に陥る。

妻を亡くし、途方に暮れていたトムは、キングスブリッジの若き修道院長フィリップと出会う…。

 大聖堂を立てる職人の話かと思ったのだけど、イギリス大河小説という感じ。

国そして修道院においてもある、覇権争いや権力争いが描かれ、結構重い歴史小説かも。

生々しい描写や血なまぐさい描写もあって、この先読むのどうしようかな、と思っている。

上、中、下の三部作。

先が気にならないこともないのだけれど…。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

>スティッチ☆さま

おお、やはり北海道からでしたか。

さすがに北の大地は広いので、移動時間が長いのですね~。

連休も後半ですが、ゆっくり満喫してきてくださいね☆

ブログ更新、楽しみにしております♪

コメントありがとうございましたっ(*^-^*)ノ彡

« ひとり傷心さんぽ | トップページ | こどもの日 »

コメント

inuikaさん、こんにちは^^

連休後半はお休みとのこと。
ゆっくりされていますか??

いつも長編の作品を読まれているのですねー。
歴史が絡むものはスケールが壮大な感じがします。
というか、書く人もすごいなぁって。

わたしもジャンルは違いますがいろいろ買ったり借りてきたり。
ごろごろ寝転がって読むのが至福の時です。

そうそう、じつは、狭山不動尊
その近くのレストランで、ウエイトレスしてたことありましたよ。
かなり昔のことですが・笑
そこの坂を登って通勤するんです!!
なつかしい~

西武球場も、なんどか夫とデートしたことがあります
松井稼頭央がいたころかな・・たぶん。

上京して最初に住んだところが所沢だったもので・・。

洗濯機もテレビもないところに住んでいました。
若かったなー。

と、いろいろ思い出してしまいました


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『大聖堂 (上)』:

« ひとり傷心さんぽ | トップページ | こどもの日 »