2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« 始めは□ | トップページ | ぶつぶつ »

駆け込み乗車は…

二階から、男の子が転げてきた ―

『重力ピエロ』の冒頭のような書き出しだ(全然違うって…ごめんなさい)。

今日の帰りの乗換駅にて。

いつものことだが、1番ホームから4番ホームへ、乗り換えのため移動する。

ちょうど、帰りの時間帯で、乗り換えの接続がぎりぎりなことがある。

といっても、5分ほど待てば次の電車が来るのだけど。

しかも私の場合は終点まで行く電車でなくてもいいので、3分ほど待てば来るから

走って駆け込んだりはまずしない。

いつものように、のんびり階段を下りていると

案の定、電車の扉が閉まりかけ、一部の人が駆け込んでいる。

さらに、まだ後ろから、バタバタと足音が聞こえると思ったら

悲鳴とも驚愕ともとれる声が聞こえ、バランスを崩した男の子が倒れこんで

メガネやら、ipodやらまきちらしながら、踊り場であおむけに転がった。

幸いなことに、上手に転がって頭を打ちつけるような感じではなかったので

たぶん、痛みより恥ずかしさの方が勝ってただろうなあ…。

でも、かなり豪快に転んだので、一番近くにいた私はすごくびっくりした。

思わず「大丈夫ですか?」と声を掛けたら、

「大丈夫です!」と妙に場違いな元気良い声が帰ってきたので、安心したけれど。

たぶん学生さんと思われる男の子。

階段駆け下り、駆け込み乗車は危ないのでやめましょうね…。

あのタイミングじゃあ、転ばなくても、乗れなかったと思うし。

そうそう、その様子を見ていたおじさんが

「危ないなあ、誰か巻き込まれたらどうするんだ…」とぼそっとつぶやいていた。

あ、そっか。そういう危険もありますね。

おじさんのつぶやき聞くまで、”巻き込まれる”事態を想定してなかったな、全然。

« 始めは□ | トップページ | ぶつぶつ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駆け込み乗車は…:

« 始めは□ | トップページ | ぶつぶつ »