2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

8月が終わる

8月も終わり。

明日から9月かー。

関東地方、9月の始まりはあまりお天気が良くなさそうで。

暑くないのは良いけれど、こうなってくると今度は逆に日照不足が気になるトコロ。

それにしても、もう秋の長雨シーズンか?

…というようなパッとしない天気で。

8月はどんな1か月だったろう?

暑かったなあ、という印象くらいしかないかも。

9月はどんな1か月になるだろう?

少しは展望が見えるように、前進していけるように、なるといいのだけど。

すべては自分次第なんだけどさ。

でもなー、とにかく何をしたくても、眠くって仕方がないのはなんとかならないかなあ…?

雪!?

夏休みもそろそろ終わり…といってもまだ8月ではある。

季節はまだ夏といっていいはず。晩夏だよねえ。

なんだか涼しい。っていうか寒いと感じる時すらある。夜とか。

そんな感じだからか、雪の降る夢を見た。

夢の中でも季節は8月らしいのだが、やっぱり雨が降っていて

その中を出かけようとしている夢の中の私は、

レインブーツで行った方がいいのかな?などと悩みながら、玄関のドアを開けると外は真っ白。

フツー8月に雪はありえない、が、さすが夢。

夢の中の私は”あー最近涼しかったからなあ。とうとう雪が降ってきた…”みたいに納得している。

んで、これならレインブーツで行くべきだ、とレインブーツを履き傘を差し、降り積もったシャーベット状の雪道を駅まで歩いていく、という夢だった。

夢だけに、寒いとか凍えるとか冷たいとかの印象はなかったが、

やはり現実の夜明けの涼しさが見せた夢だったのかな。

雪の夢を見たのは初かも。

まんまとハマる

またまたキャンペーン期間ぎりぎりで、シールを集めきり

今度は、キティちゃんのガラスボールをGET!

特にキティちゃんが好き、というわけではない。

8月にリラックマのどんぶりをシールを集めて交換して、ローソンしばりはもう終わり~

と、思ったのもつかの間。

直後、ふとローソンでパンを購入したら、今度はキティちゃんのキャンペーンシールが。

またキャンペーンやってるのか~、積極的に集めるつもりはないけど

シールが集まりそうだったら、もらおうかな、くらいの軽~い気持ちだったのだけど。

やっぱり、シールが台紙の半分くらい埋まってくると、なんだかコンプリートしないともったいないような気がしだして、

結局、買うならローソンへ!という、ローソンの戦略にまんまとはまってしまった。

リラックマの時は、交換してもらおうとお店へ行ったら、商品が受注に間に合わず、引換券をくれて、約1か月待たされたので、

今回もすぐにはもらえないかな、と思っていたのだが、

行ったら、すぐに引き換えてくれた。

あれれ、キティちゃんはそれほど…?

どちらかというと、今回のガラスボールの方が使い勝手が良さそうだよね、

というのが私と母の共通意見だったんだけど。

それにしても、シール添付期間が8月25日まで、商品引き換え期間が9月1日までということで、

本当に、ぎりぎり!

次は?…いやあ、キャンペーンがあるのか知りませんが、もう集めませんよー(笑)。

Kitty

フリーペーパー情報で

勝手にポストに入っている地元のフリーペーパーを何気なくペラペラ見ていたら

ワンタン専門店が紹介されていた。

ワンタン専門店!?

飲茶とか中華とかではなく、ワンタン専門店?

外観の写真とかも載っていて、それを見る限りはとてもおしゃれなカフェ風な店内。

しかも、それほど遠くない場所。

よく通るというほどでもないけど、よく知っている道の近くではある。

そんな店あったっけ?

確かに地図を見る限り、通りに面してるわけではなく、

ちょっと中に入った感じではあるけれども。

ワンタン好きなので、チャンスがあったら行ってみたいな~。

☆☆☆★★★☆☆☆

星形のモチーフ。違う色で編んでみたもの↓↓↓

Stars

ピンクはますますヒトデっぽい…(^^;

朝からシトシト雨

びっくりするほど、涼しくて、今何月だっけ…?

確か、まだかろうじて夏休みだったはず。

ということは8月で、何この気温差は!?

数日前は、それこそ、熱中症注意情報で”要注意”とか出てたはず。

本当に、気候が極端すぎてついていけない。

半袖では寒いくらいって、衣替えまであと約1か月あるんだけど。

今日は10月の気温だったらしい。

もう秋…?なんて油断していると、また30℃越えの夏が戻ってきたりして。

先日、アウトレットに行ったとき、秋冬物も見てくれば良かったかも…。

☆星形☆

円とか、四角とかばっかりでも面白くないので、

何か形(モチーフ、というのかな)を作ってみたいなー…ということで

ネットで動画検索をして見よう見まねで作ってみましたー!

星形のコースター☆

Star

…なんでだろう、どーしてもヒトデに見える。(母にも言われた。)

動画で見てるとカワイイ星なのに。色の問題?

一応、ピンクでも作ってみたんだけど、一層、ヒトデに見えた…orz

それにしても、やっぱりこういう”形”になると楽しい♪

今度はお花とか作ってみたいな~。

ちなみに今回参照させて頂いたサイトはコチラ↓

星の編み方Crochet starかぎ針で編む星のモチーフ - YouTube

就寝中の夢とはなんだろう?

泣く夢を見た。

何故泣いていたのか、どこで泣いていたのか、

そういうシチュエーション的なものはまったく憶えていない。

でも、夢に中で泣いていたということだけは憶えている。

子どものころは泣く夢なんて、見た記憶がない。

夢でなくなんて、オトナになってから、それもここ数年のことで、憶えてるのは今回を含めて2度か3度。

夢診断とか見ると、泣く夢は悪い夢ではないみたいだけど、

浄化するということだから、ストレスがたまっているのかなあ。たまってるだろうなあ。

前に見たときはそれはそれは号泣した夢で、

確かに起きたときちょっとすっきりしていた気がするけど、

悲しい夢だったから、良い気分ではなかったな。

今回はそれほど悲しいとか悔しいとか、激しい感情の印象はなかった。

だからか、起きた後もすっきりした感はあまりなく。

泣いた夢見たなー…ってだけだった。

久しぶりに物語性のある夢が見たいよ。

『炎都』

柴田 よしき 著

徳間文庫

京都で、体内から血を抜かれ、ミイラのようにひからびた死体が発見されるという事件が頻発。

その頃、地質調査会社で技師として働く木梨香流は、依頼された水質調査によって、京都市に流れ込む川の異常な水位の低下に気が付く。

そして、突如発生した未曽有の大地震、そして、封印を解かれた古の妖怪たちが人々を襲い始める…。

 読み始めは、推理小説かとも思ったのだが、読み進めるうちに、やっぱりファンタジーというかホラーというか、そんな感じの作品だった。

香流と、フラワーアーティスト・君之とのロマンスも少しあり。

この君之というのが、平安時代の一条天皇の転生した姿ということで、

この未曾有の大災害もその一条天皇に恋い焦がれ裏切られた花紅姫という姫のせいだというので、君之がなんとかしなければ、と立ち上がることは立ち上がるのだが、

どちらかというと、京都中を作業着で走り回り妖怪たちと渡り合う香流のがカッコいい!

主人公は、香流、なんだろうけど、視点が結構ちょこちょこ変わるし、

それぞれの”視点”となる人物がそれなりに重要な役割だったんじゃん、と後で気が付くけど、描写が香流ほど書き込まれていないので

途中で、この人は一体なんだったっけ…?と感じたりしてしまった。

ラストに行くほど、視点がコロコロ変わって、結末は、えーそんな、偶然ー!?

…こういうのを予定調和というのだろうか?

でも、読んでいて、眠くならなかったし、どんどん読み進めていたので、面白かったのだと思う。

ただ、描写がグロイところも多々。

君之を守るために現れ、やがて香流と行動を共にする、ヤモリ・朱星がカワイイ。

オスだったのか―…と最後に思った。

一応、完結しているが、続編もあるとのこと。

どんぴしゃでバッドなタイミング

ついこの間まで、”異常気象”という単語をよく聞いたような気がしたけれど、

もう最近じゃ、異常な気象がしょっちゅう起きるから、”異常”とも言わなくなったのかな。

あまりこの単語を聞かなくなった気がするのは気のせいかな。

この頃の天気は極端すぎて、とても怖いのである。

これまで起きたことがない場所だから、大丈夫とはもう言えないのかもしれない。

自然災害は、起こってしまったらどうしようもないだけに、

犠牲になった方も、その遺族の方も気の毒で…。

日本全国どこでも災害は起こる可能性があると、昨日ニュースで専門家の人が言っていた。

他人事ではないのである。

今日も、午後~夕方にかけてこっちの方も天気が不安定だという予報だったから

ゲリラ豪雨が降ったりしたら嫌だな、と一応傘を持って出た。

(とんでもないゲリラ豪雨だったら傘なんてあってもなくてもびしょ濡れだけどさ。)

とりあえず、お昼休みに少し降っていたけれど、帰りに雨に遭うことはなかった。

が、しかし。

乗り込んであと1分で出るはずの電車が

人身事故のため、運転見合わせとなり、結局動いたのが55分後…。

しかも行先変更があり、途中で乗り換えなきゃならなくなった。

幸いなことに座れてたので文句は言えない、けど、つ、疲れた…。

逆に座れていなければ、振り替え輸送使っても少し早く帰り着いていたかもなあ。

トートバッグを買いに…

暑い関東平野を逃れ、信州・軽井沢へ。

両親がアウトレットに買い物へ行くというので、ちょうどお休みだったこともあり同行させて頂いた。

新しいお店や施設が増えていて、さらに広ーくなって欲しいものを探しながら歩き回るのも大変(笑)。

201408211
↑軽井沢アウトレットにもフードコートが!

でもさすが標高1000M。

温度は28度くらいで、暑くなったといわれるけれども、関東平野に比べたら、爽やかだった~。

日差しは暑いけど、日陰に入れば涼しいし、吹く風も心地よいのである♪

朝顔があちらこちらで綺麗に咲いていた。

201408212



お盆も終わり…

お盆も過ぎたというのに、このもわっとした暑さはなんなんだ。

残暑厳しいなあ…。

ビルから出た瞬間の空気の重さ(きっと湿度がたかいのだろう)、うっと思ってしまう。

仏様を送っていく”茄子の馬”もだいぶひからびてきた。

そお!

今のところに引っ越す前、子供のころは、辻辻でよく見かけた気がする、お盆の時期に。

胡瓜や茄子に割り箸さして、馬(牛)に見立てたもの。

今住んでるマンションの出入り口付近で今年は見かけて、ああ、ちゃんとやっている方がいらっしゃるんだなあ、と思った。

胡瓜や茄子を馬や牛に見立てるのは、仏様の乗り物ってことだろうということはなんとなく分かっていたけれど、

それぞれの野菜に意味があるとは思わなかった。

胡瓜が見立てているのは馬で、茄子が見立てているのは牛だそうだ。

で、迎え盆の時に用意するのが”胡瓜の馬”で、足の速い馬に乗って、早く還ってきてくれるようにという意味だそうだ。

で、送り盆の時に用意するのが”茄子の牛”で、ゆっくり歩く牛に乗って、のんびりあの世へ戻ってください(=少しでも長くこちらにいて欲しい)という意味だそうだ。

この齢になってやっと分かった胡瓜と茄子の違い。

改めて、いくつになっても学ぶことはあるものですね、と感じた。

子供頃、胡瓜の馬と茄子の牛が並んで置いてあったような気がしたのだけど、

それはきっと記憶違いだったのだろう。

うろ覚えな景色が、長い年月をかけて脳の中で再生されつつ再構成されていったのかな、と。

波長というかリズムというか

仕事が終わった後、

ある方の紹介で、とある人とお茶をした。

場所は某ティーラウンジ。

メニューも見ずに、相手の人と同じコーヒーを注文したが

会計の時に値段を聞いて、びっくり。

フツー(と思われる)ブレンドコーヒーが¥1,250って…!

会計は割り勘。

それはあとくされなくて全然いいんだけど、コーヒーが\1,250って…。

”鎌倉のコーヒー”以来の衝撃だった。

(註:「鎌倉のコーヒー」とは、家族で鎌倉に行ったとき、小町通りで休憩する場所を探していたのだけど、どこも混んでいて、やっと見つけたのがビルの2Fにある趣のおある喫茶店だった。本当に疲れていたので、どんなものがあるのかもよく確かめず、コーヒーくらいあるだろ、と軽い気持ちで入ってメニューを見たら、アイスコーヒーが700~800円!しかもすっごい細いグラスで、両少なっ!駅前まで戻って、スタバにでも入った方が安かった…。でも混んでたのだよ、どこも。それ以来、家族の間では「鎌倉のコーヒー」としてちょっと苦い思い出となったのだ…。)

…なんか、私ばかりが喋ってて、波長が合わない気がしたな。

コーヒーの値段が一番印象に残った、というそんな結果だったから、推して知るべし。

右手薬指の関節(外側)が痛い

世間的には今週からお盆休み明け、という方が多いのだろうか。

今朝の通勤電車は、どことなくリフレッシュした感じの人とか

お土産らしき袋を抱えた人をよく見かけた気がする。

学生さんはまだ夏休みだと思うので、本格的な朝のラッシュはもう少し先だろうけど

普段の朝に戻った感じかな。

今日から満員電車かー、十中八九座れないだろうなあ、

でも、もうすぐ返却しなきゃいけない読みかけの本もあるし、仕方ない…

と思っていたのだが、

なんと!

今朝は座れた!目の前にポツンと席が空いていたのだ。

こんな日もあるんだなあ。

代わりになんかアンハッピーなことが起こるのか!?…っていつもなら考えてしまうとこだけど

(天邪鬼なので。)

今日は素直に感謝して、本を読みふけった。

土日頑張ったご褒美、ということで…。

さて、明日も結構暑い日らしい。

何を着て行こう…?

残暑厳しいのかなあ

今朝は珍しく、涼しい夜~朝だった。

寝ながらも気温の低さを感じていたみたいで

夢の中で、私は肌寒さを感じ、温かい飲み物を頼んでいた。

またもや懐かしい友人たちと、久しぶりに大勢でどっか居酒屋さんみたいなところに入る

という夢を見たのだ。

前後の脈絡は不明。

でも、夢の中の雰囲気は楽しそうだったので、正夢になるといいけど。

涼しかったのは、結局続かなかったなあ。

午後、夕方、帰る頃になって、外に出たら湿度も温度も高くて、不快指数90%(私個人の感想)!!

湿度が高いというのは、疲労度が増す…気がする。

心身共に休めたのかなあ?

頭痛はするし、胃腸は悪いし、背中も痛いし

体調は良くない気がするなあ。

何故だろう?

きっと職場のストレスだな~。

…なんて思いながらも、休む度胸も勇気もなく。

今日なんか、世間ではまだお盆休みのところが多いから

電車も比較的すいてるし、

連休明けの始まりとしては徐行運転で始められる感じで悪くない。

家にいる時。

気分が乗らない時は、かぎ針編みで無心になる。

あ、同じような姿勢でずーっと編み編みしてて、背中が痛くなったのかも…。

動画サイトで見たものが、思ったようにできなくて

編んでは、あれ?違うな、とほどき、また編んではほどき…を繰り返していたので

結局時間の割にできたものは…(゚ー゚;

Knitting
注意:イメージ画像です。実際はも少し出来てるから。

夢見が悪いって

誰に気兼ねすることのない、3連休が終わってしまった。

本当にあっという間。

出来たこともあれば、出来なかったことも…というか正直言ってできなかったことの方が多いなあ。

もう少し絵を描けるかと思ったし、

ポチ袋のフォーマット作りたかったの忘れてたし、

英語の勉強あんまりできてないし。

せめて、良い夢見たかったな…。

昨晩~今朝にかけて見た夢は、休みだというのに仕事がらみの夢で

お昼休みに外に食事に出たはいいけど、すごく遠い場所でしかも混んでいて

注文はしたものの、当然時間がなく、慌てて職場に戻る私。

ところが、行きは何故か車だったのに、帰りは徒歩。

タクシー捕まえたくても、空車のタクシーが来ず。

時間はとっくにお昼休みを過ぎ、連絡を入れなきゃとケイタイで登録番号にかけても通じず。

夢の中で私は、”ああT氏に怒られる…”と思いながらひたすら歩いている、という夢。

休み中の夢の中ですらストレスを感じてるなんて、ひどい話。

あーあ、明日から仕事か…。

早い~

本当にお休みの日は早い。

休み前に、寝てるだけであっという間に終わってしまう…と思っていたが

さすがに、一日中寝てる、なんてことはなかったけど

でも、何かした?私…という状態で終わりそうな気配。

それでも昨日は、そのうちやろう、そのうちやろう、でも時間が…

と、ずっと思っていたことを実行。

HDDに保存しっぱなしだったドラマをDVDにダビングした。

ひとつが1時間半で4本ほどあったから、単純に6時間は費やしたってことか。

別にその間ずっと付いている必要はないので

TVでそれをやってるあいだ、PCを使って別作業をしていた。

午後になって雨が降ってきたから、インドアな作業をやってしまったのは良かったのかもしれない。

がしかし、実は3時間くらいの映画が一本まだ残っている…。

空のDVDは使い切ってしまったし、だいたいDVDに入りきらない…。

BDなら入るのかもしれないけど、買ってこなきゃいけないし。

実は何度も見ている作品なので、別に残さなくてもいっかなあ、という気持ちもある。

でも、消すにしても、もう一度見てからにしよう、

なんて思ってるうちにまた溜まってゆくんだろうなあ。

編み編み

タワシばかり増えてもしょうがないので

同じような編み方を繰り返し、籠みたいなものを作ってみた。

The_cage

もう少し高さがあっても良かったのかもしれない。

これまた自己流のため、だいぶ奇妙な感じだけど…。

メモ帳とかクーポンとかなんか適当に突っ込んでいた箱みたいなのが

だいぶくたびれていたので、まだこっちの方がいいかな、と思って。

100円ショップで購入したオレンジの毛糸が無くなってきたので

同じ色もつまらないから、同じ毛糸の黒を購入した。

オレンジと黒で、一応ジャイアンツカラーを意識したのだけど、

物を入れてしまうと、オレンジの底の部分がすっかり隠れてしまって

全然ジャイアンツっぽくなかった。

良いんだか、悪いんだか…。

休み明けは忙しいゾ

明日からやっと夏季休暇。

たった3日だけど。

”明日からお休み~♪”実はこの瞬間が一番幸せかも。

お休みになってしまうと、時間が過ぎるのはあっという間で

何もしないうちに(っていうか、寝てるうちに)終わってしまうから

仕事が終わって、”明日”になるまでの

”明日、何をしようかな♪”と考えてるこの時間。

子供にとっての”遠足”じゃないけれど(笑)。

楽しい予定が入ってるときの、前日とかね。

休みの日だけ1日の長さが48時間になればいいのに、

などと訳の分からないことを考えたりして…(^^;)

ところで、昨晩の夢は、久しぶりな友人が出てきた。

当時の愛車に乗って楽しそうに手を振って走り去っていった。

夢の意味なんてまったく分からないけど

私の予感としては、それほど遠くない未来において、(その友人かどうかは分からないけれど)

旧友と再会する機会があるのかも…!

今年も留守番するつもり

もう今週はお盆休みの人が多かろう、と

電車も空いてるに違いない、と

朝は座って、寝ていけるんじゃなかろうか、と

どこかしらでのんきに考えていたら

意外に電車は空いていなかった。(普段に比べれば、少しは違うのだろうけど)

お盆だろうが関係なく働いている人も多いのね。

見知らぬ人にもちょっと連帯感。

ま、業種によって企業によって、一斉にお休みのところもあれば

フレックス的に、自由に夏休み取れるっていうところもあるもんね。

明日も普段と変わらない感じかな~。

天気があまり良くなさそうなのが気になるトコロだ。

(レジャーの予定があるとかそんな楽しいことがあるわけではないけど、

仕事とはいえ、傘とか荷物が増えるのは面倒だから…)

あ、そういえば、高校の頃の友人の女の子たちが、お子さんいる人はお子さん連れて

近場のレジャー施設に遊びに行くとか言ってたな~。

私は残念ながら仕事のため、参加できないけれど

みんな、久しぶりみたいだからきっとおしゃべりに花が咲くことだろう♪

すっごい風!(・oノ)ノ

いやー、すっごい風が吹いている。

びゅーびゅーうるさいほど。

台風の影響なのかなあ…。

今日はなんだか、私が外出るタイミングを見計らってるかのように

雨足が強くなった。

(で、建物の中にいるときは止んでたりする。)

おかげで、乾いたと思ったら、またびしょ濡れ。

そんな1日だった。

最近の行いが悪いのか…?

ま、それでも、今日のところは涼しいからいっか。

明日からまた猛暑らしい…。辛いな…

安かったのでつい…

『ローマの休日』のDVDを買ってしまった。

版権切れ格安DVDの存在はもちろん知っていたが

以前、ちょっとだけ働いていた某出版社で500円で扱ってたんだけど

買ったのは税抜きで¥290!

(働いていた出版社の商品ではない。)

いやー、税込でも300円ちょっとで買えるとは…。

古い作品なので、白黒だし、画質も音質もすごく良いとは言えないけれど

逆にそれが雰囲気がある感じがして悪くない。

画面にノイズが走ったりとか、切れたりとか、音飛びしたりとかすることもなかったし。

で、ちょっと見るつもりが、思わず見入ってしまった。

ロマンチックなおとぎ話なんだけど、やはりオードリーの魅力に尽きる。

何度も見ているからストーリーは分かってるのに、

ラストの切なさにまたもやウルル…。

お盆の時期か

”明日からお盆休みの方も多いのではないでしょうーか?”

ラジオやTVから聞こえてくるこんなセリフ。

…あ、そうか、そういえば…。

私は明日は休みだけれど、日曜日も来週も仕事だ。

お盆休み(夏季休暇)は3日間。

それでも連休なんてまれだから貴重と言えば貴重。

だけど、こんな高い時期ににまさか旅行に行ったりするつもりはない。

何をする予定もないけれど、きっとあれよあれよという間に終わってしまうのだろうなあ…(泣)。

ところで、明日以降、関東にも台風の影響があるようで。

あんまり暴れないといいけど…。

『古本屋探偵の事件簿』

創元推理文庫

紀田 順一郎 著

神田・神保町の古本屋の主人、須藤康平が主人公のミステリー。

ミステリーといっても、殺人事件を解決するとかそういう物語とはちょっと違う。

須藤が出している「本の探偵―なんでも見つけます!」という広告によって

須藤のもとにやってきた奇妙な依頼の顛末記である。

「殺意の収集」

「書鬼」

「無用の人」

「夜の蔵書家」

の4編が収録されている。

たぶん、時代背景が昭和50年代後半くらいの神保町で

全然、まったく想像がつかず、読み始めは雰囲気がつかめなかったが

読んでいると、意外に引き込まれていることに気づいた。

愛書家とか蔵書家とかいう人々とはこういう人たちなのかー、と初めて知って結構びっくりした。

今でもこういう人たちはいるのかなあ?

本好き、とか読書好き、とはまた違う、いわゆるコレクターというジャンル。

古本屋にしても、最近のブック○フとかとは違う、”書肆”という場所が舞台なわけで

私も本は好きだけど、全然違うジャンルだなあ、と知った。

神保町とか古書店街とかよく知ってる人なら、特に昔の神保町を知ってる人なら

より楽しめる作品かもしれない。

「夜の蔵書家」は一番長い作品で、本探しというより人探しな物語だが、

なんだか色んな人が、名前が、たくさん出てきて把握が難しかった。

それもそのはず…と納得するラストではあった。

やっぱりそうかー、そうじゃないかとうすうす感じたんだよねー、という感想は本音でもあり、負け惜しみでもある。

その”オチ”はミステリーとしては反則な気もするけれど。

熱帯夜のせいかも…

久しぶりに”なんだこれは?”という夢を見た。

場所も状況もよくわからないのだが、

とりあえず、服を脱いで真っ裸になって、

着替えの服を取りに行かなきゃ、と思い、

そのままそのよく分からない建物の中を真っ裸で走り抜ける…

という夢。

もちろん、人がいる中を走り抜けている。

夢の中の自分はそれほど恥ずかしい、とか、急がなきゃ、とかいう意識はないみたいだった

ただ、服を取りにあそこまで行かなきゃ、とは思ってる感じだった。

いったい、どんな夢だったのやら。

最近、夜、暑いからなあ…。

寝苦しさゆえの変な夢かも。

出られない昼休み

暑い。

連日のことだけど、やっぱり暑い。

夏バテする体質ではないので、元気だけれど。

暑いからなるべく外に出たくないのだけれど

でも、昼休みに済ませたい用事があって

今週は昼休みにちょっと出ようと、思っていたのだけれど

何故か、今週に限って忙しくて、出られない…。

なんなの!?まったく、もー…。

それでも、とりあえず、どうしてもっ!という用事ではなかったので

ま、いっか、と思っていたのだけれど、

今日になって、どうあっても済ませにゃならない用事ができた。

したがって、明日は是が非でも昼休み出なければならぬ!

しかし、明日も暑そーだ…


ぐるぐる目が回る

今日も一日暑い日でした。

仕事してるときは建物の中だから、忘れているのだけど

帰るぞー♪と思って外へ出ると

陽が落ちてもまだこんなに暑いのか…と思いげんなり。

それでも電車に乗ってしまえば涼しい、が、今度は冷えすぎたりする。

何が良くないって、この体感温度がコロコロ変わるのが良くない気がするー。

ところで、実は今日は朝から目がぐるぐる回っていて

今度こそ、どっかで倒れるんじゃなかろうか、と期待…もとい心配していたぐらいだったのだけど

やはり、結局つつがなく一日を終えてしまった。

我ながら強いな、とあきれた。

基本が丈夫にできているから、可愛げのないことこのうえないな…。

いや、いや、健康は大事、滅多に風邪のひかない身体は素晴らしい。

可愛げがないとかなんとか、そんなふうに思っていたらバチが当たっちゃう。

それでこそ日曜日

今日のフロアは静かだったー!

日曜日でも誰かしら何かしら出勤したりする部署があったりして

ここしばらく、日曜日でもにぎやか(うるさい)だったのだけど

今日の日曜日は、久し振りに私たちだけで、

まー、静か。

宅配便屋さんも来なかったしね。

仕事量もそれほどじゃなかったから、早めに帰っちゃおうかなー、と思ったのだけど、

なんだかんだやってたら、結局定時になっちゃった。

次回のシフトから、日曜日休めるのかしら…と思ったら甘かった…。

日曜日どころか、土曜日も休みじゃなくなってんじゃん!

都合のいいオンナ扱いですな。

どーせなんの予定もないから、と思われてると思うと悔しいけど、

その通りだけに何も言えなひ…。

が、しかし、このままでいつまでも居ると思うなよー!

わー久しぶり!

先日の血液検査の結果を聞きに今日もまたクリニックへ。

月初ということもあってか、土曜日だからということもあるのか

クリニックはなんだかとても混んでいた。

仕方ないか、と思って待っていたら、突然名前を呼ばれた。

え?と思ったら、高校の時のお友達がっ!

まあ、なんて奇遇。

何年ぶり!?

彼女が結婚してお子さんが生まれる前に会ったような気もするけど

上のお子さんが幼稚園の年長さんということは…

少なくとも5~6年振りってことかー!!

いや、下手したらもっと会ってないかもなあー。

都内に引っ越しているはずだから、どうしたの?と聞いたら

今夏休みで実家にお子さん連れて帰ってきているとのこと。

それで、一番下のお嬢さんがお熱を出してしまったので…ということだった。

彼女は毎年写真付きの年賀状をくれるので、写真では見たことあるのだけど

お子さんと会うのは初めて(*^-^*)。

お熱があってだるいのかご機嫌は良くなかったけれども(^^;

いやはや、こういうこともあるのだなあ。

色を変えて…

いくつ目かのアクリルたわしである。

またか…と思うなかれ。

今回は色を切り替えてみた!

練習なので、色の組み合わせとかは気にしないように…。

本当は黄色と茶色でヒマワリっぽいのが作りたいな~って思ってたのだが、

入った手芸店に思い描くような色の毛糸がなく

ヒマワリじゃなくて、ピンクのお花でいっか、

ってことで、ピンクとグリーンを買ってみた。

(前述のとおり今回はあくまで練習なので使い切ってなかったオレンジを使ったけれど。)

色の切り替えは、Youtubeを参照にやってみた。

Color

輪を作り、細編み&長編み&細編み&鎖編みで縁飾り☆ 

単純である。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »