2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« ”期間限定”の文字に弱い | トップページ | 寝つきが良すぎて… »

『マリーゴールドホテルで会いましょう』

今頃なんですが、お正月に借りて見たDVDの感想その①。

原題:THE Best Exotic Marigold Hotel

監督:John Madden

主演:Judi Dench

ある人は希望や期待を抱いて、またある人は不本意ながら、

老後をインドのジャイプールで過ごすことになった英国人男女7人の物語。

ストーリーは主に、亡くなった夫の負債のため家を売り、同居しようという息子の提案を断って、ひとりジャイプールへやってきた未亡人・イブリンの語りで進んでゆく。

夫に先立たれ新天地で新たな人生を送ろうとする未亡人、幼馴染の大切な友人を探す元検事、リタイア後を少しでも優雅に過ごそうとパンフレットにつられてやってきた夫婦、新しい出会いを求める男、またリッチな独身男性を求める女、そして、転んだ足の手術のためにいやいやジャイプールを訪れた人種に偏見を持つ元家政婦…

7人それぞれの生き方や思いを主軸にして、

やがては豪華なホテルを再建して、母親や兄たちを見返してやろうと頑張っている若きホテル支配人・ソニーとその恋人スナイナの物語を絡めて描かれる。

人はいくつになっても、どんな人生を送ってこようと、

いつまでも悩みは尽きないものだと、彼らを見ながら考えさせられた。

老後の不安みたいな重くなりがちなところに、

不器用ながらも夢を追い続ける、一見能天気そうな、でもどこか憎めないお坊ちゃん・ソニーがいい味を出してくれていた。

どちらかというと淡々と進んでいったが、

インドで過ごした青年時代の心の傷を持ち続けている元検事・グレイグが、

そのわだかまりを解いたシーンには感動してしまった。

それにしても、シニア層の問題は、英国も日本も変わらないんだな、ってちょっと思った。

R指定という意味ではない”大人”向けの映画、だろうな。

« ”期間限定”の文字に弱い | トップページ | 寝つきが良すぎて… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『マリーゴールドホテルで会いましょう』:

« ”期間限定”の文字に弱い | トップページ | 寝つきが良すぎて… »