2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« 方角を変えてみた | トップページ | 寒いっ! »

『ベイマックス』

…そんなわけで、先日見た映画の感想などを。

原題:Big Hero 6

監督:Don Hall,Chris Williams

14歳で高校を卒業した天才少年ヒロは、その頭脳を持て余し、違法のロボットファイトばかりしている。

そんなヒロを見かねた兄・タダシは、自身の通う大学の研究室にヒロを連れてゆく。

そこで最先端科学の研究を見て、そして憧れのキャラハン教授に出会ったヒロは、この大学で学びたいと思うようになる。

入学許可を得るため、ヒロは画期的な素材を作りだし、研究発表を行った結果、キャラハン教授より入学を許可されることに。

喜んでいたヒロとタダシだったが、その時研究発表を行っていた会場が炎につつまれる。

キャラハン教授がまだ中にいると知ったタダシは、ヒロの静止を振り切り、救出に向かうが、爆発が起こり、タダシは命を落としてしまうのだった。

両親を3歳の時に亡くし、たった一人の兄をも失ってしまったヒロはすっかり気落ちしてしまうが、

そんな時、大学の研究室で兄が見せてくれた、ケアロボット・ベイマックスが現れる。

ヒロを守るように設定されたベイマックスは、ヒロを気持ちが収まるようにと動き出す。慌ててベイマックスを追いかけるヒロ。

そしてベイマックスとヒロが見つけたのは、あの火事ですべて燃えたと思っていた、ヒロの開発した大量の新素材だった。

もしかしたら、兄が死んだのは事故ではなかったのかもしれないと感じたヒロは、

ベイマックス、そして兄の親友4人と共にその頭脳を生かして真相を探ることに…。


日本とサンフランシスコを足したような不思議な都市が舞台。

いくら天才少年とは言ってもそこまで作れる?と思うようなところはあったけど、

まあそこはそれ、アニメだと思えば…。

前半のベイマックスの動きに思わず笑ってしまった場面が何度か。

ビニールだったのかー!とにかく癒し系!すごーく素敵なロボット。

後半は、いわゆるロボット戦隊モノになっていたのが意外だった。こういう話だったのか…。

なるほど。原題の「Big Hero 6」のがぴったりくるな、と思った。

絵はさすがにきれいだし、動きも滑らか、スピード感もあって、余計な難しい事考えなければ、単純に楽しめると思う。

Baymax
☆描きながら何かに似ている…とずっと感じていたが、分かった。『もののけ姫』の”こだま”だ!!体はちょっとロボット兵っぽい…?
ヨチヨチ歩く、改造前のベイマックスが良いです~(笑)

« 方角を変えてみた | トップページ | 寒いっ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ベイマックス』:

« 方角を変えてみた | トップページ | 寒いっ! »