2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« 春雪 | トップページ | キティちゃんっぽい »

『探偵の冬あるいはシャーロックホームズの絶望』

岩崎 正吾 著

創元クライム・クラブ


タイトルに”シャーロック・ホームズ”の文字があるものはとりあえず手に取ってしまう性分である。

日本人作家によるホームズ作品かな、と思って読んでみた。

舞台は霧深いヴィクトリア朝のロンドン…ではなく現代で、しかも日本の横浜。

それでは、日本版名探偵ホームズのミステリーか?と思いきや、それも違った。

なんと、”ホームズ”は乗馬中の事故で精神疾患に陥り、自分は昔大好きだった小説の主人公シャーロック・ホームズだと思い込んでしまった男。

彼は、主治医でもある精神科医の弟を”ワトソン”、また自分の美しい妻を小間使いと思い込んでいて”メアリー”と呼ぶ。

”ワトソン”は、兄の病状を悪化させることのないように、兄の世界を守るように”ワトソン”を演じるが、

実は、兄の妻である”メアリー”との禁断の関係を続けたいがためのモノでもあった。

物語は主に、この”ワトソン”の視点で語られる。

思い込みホームズはそれでも鋭敏な知能で、横浜界隈で起こった珍妙な事件を解決していくのだけれど、

それが「光頭倶楽部事件」やら「バスか、ビル家の犬事件」やら、挙句の果てに「マダラノヒモノ」…って。

原典を知っていると「赤毛連盟」「バスカビル家の犬」「斑の紐」のことかとすぐにピンとくるのだけど、当然、ストーリーは全然違う。

思わず呆れてしまうような顛末であり、コミカルなパロディーのようだ。

無理矢理感アリアリだけど、”レストレイド警部補”(本当は横浜西署の警部補)の愛すべきおバカっぷりや、

”レストレイド”と”ワトソン”の何故か下町口調の掛け合いなんかが面白かった。

とりあえず事件が解決したところで、事件も無理矢理、解決も無理矢理、これは原典をパロッたコミカル作品なんだな、と思ったのだけど、

最終章「シャーロック・ホームズの復活」を読んだら、印象ががらりと変わってしまった。

後日談ということになるのだろうけれど、なんだか切ない終わり方だった。

この本のタイトルは『シャーロック・ホームズの絶望』だけれど、

『ワトソンの絶望』というタイトルの方がぴったりくるように感じたのは私だけ…?

Tanteinofuyu

« 春雪 | トップページ | キティちゃんっぽい »

コメント

イヌイカさん


私もシャーロック・ホームズには目がありませんので、何となくわかる気がします。
シャーロッキアンという程ではありませんが、以前、NHKで放送していたジェレミー・ブレッド版ホームズが見事でした。
彼こそホームズ


銀瀧

>銀瀧さま

こんにちは。
実は私もNHKで放映していたジェレミー・ブレッド版ホームズを見て、すっかりはまってしまったのです。
完全版DVDBOXも入手してしまいました…。
何度も読んでいるハヤカワ文庫シリーズはすっかりボロボロです。

コメントありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『探偵の冬あるいはシャーロックホームズの絶望』:

« 春雪 | トップページ | キティちゃんっぽい »