2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« 9月も終わる…早いなあ | トップページ | 精力的に整理中! »

新幹線の乗り方降り方。

今年も新幹線を利用しての旅行だったわけだけど、

新幹線に乗りなれていないので、いまだにちゃんと行って帰って来られるかどきどきする。

まず、出発時間に間に合うように新幹線の駅に着けるか。

そして、自動改札の通り方。

たいてい在来線からの乗り換えになるので、

新幹線へのお乗り換え、の自動改札機に新幹線の乗車券&指定席券を2枚投入し、PASMOをタッチ。

投入した2枚の切符が出てくるので、目的の駅に着いたらそれらを自動改札機に投入すればオッケー。

…と往路はまだ分かりやすくてだいぶ慣れた。

問題は復路だった。

帰りのチケットをなくさないように、かといってしまい込みすぎて、しまった場所が分からなくならないように気をつける。

ちょっと余裕をもって駅に向かい、往路と同じように2枚のチケットを改札機に投入。

チケットは2枚戻る。

新幹線から在来線への乗り換えの改札機にチケット2枚を投入。

この時PASMOはタッチしない!…と案内に書いてあるのでタッチはしない。

そして一枚チケットが戻ってくる…

え、え、これはどうすればよいの?

記念にもって帰るのかしら…?

などと本気で考えたが、もちろん後で必要だから戻ってくるのだ。

在来線を降りる寸前、このままPASMOで出たら間違いなく出られないよね!?

どうやってでるのー?

駅員さんのいる窓口で聞こうとまで考えて、スマホの存在を思い出す。

検索して分からなかったら駅員さんに聞こう、と検索したらぎりぎりでヒット!

なんのことはない。

手に残った1枚のチケットを精算機に入れて、現金もしくはPASMOで在来線分を精算すればオッケー。

PASMOで精算すれば、そのまま自動改札機をタッチして問題なく出られるというわけだ。

チケットは精算機に吸い込まれて終わり。

新幹線→在来線の乗り換えのところにできたらそこまで書いてほしかったなあ(どっかに書いてあったのかもだけど)。

『ICカードはタッチしない』の文字しか目に入った。

でも今回勉強になったので、次回はさらに緊張しなくて済むかも。

って、昨年も乗ったよな、新幹線。。。

« 9月も終わる…早いなあ | トップページ | 精力的に整理中! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月も終わる…早いなあ | トップページ | 精力的に整理中! »