2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

はんどめいど

  • お花のモチーフ(Blue)
    かぎ針編みで作った雑貨たちです。
無料ブログはココログ

« これはちゃんと返却したよ | トップページ | 自己満足でもいいじゃない »

電車内でも思わずうるうるっと…

森沢さんらしい、爽やかであたたかいストーリー。


写真家を目指す慎吾と、ひとつ年上の彼女で幼稚園の先生の夏美。


夏美の運転するバイクでツーリング中、山の中で見つけた一軒の商店。


そのお店を営むヤスばあちゃんと、その息子で通称・地蔵さんこと恵三さんの計らいで


ひと夏をそのお店の離れで過ごすことになった慎吾と夏美。


何もない山奥だけど、どこか懐かしい自然の中で


慎吾は自分の撮りたい写真を思い出す…。


出てくる人々は、それぞれ事情はあるけど、悪い人はいない。


読んでると、この先何か悪いどんでん返しがあるのでは…?


などとへそ曲がりなワタシはつい不安になってしまうのだけど、


そんなことはなく、


そりゃ物語だからイロイロあるけど、でもきれいに落ち着いてくれる感じで


爽やかに泣けるというか。


風鈴の音、川の音、魚、ホタル、彫刻刀…どのイメージもきらきらと脳裏に映ってくる気がする。


地蔵さんのセリフ、雲月さんのセリフ、そのほか慎吾の心情とかいろいろ


ところどころで胸に刺さってきたなあ…。


 


『夏美のホタル』


森沢 明夫/著 角川文庫


※森沢さんのツイッターで、『夏美のホテル』とか『夏美のホタテ』などと間違える人がいるってあって、


それ読んだときなんか想像しちゃって思わず笑ってしまった。パロディーができそう。


 

ポチッとよろしく!

« これはちゃんと返却したよ | トップページ | 自己満足でもいいじゃない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これはちゃんと返却したよ | トップページ | 自己満足でもいいじゃない »