7人の名探偵

『7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー』
講談社文庫
 ”新本格ミステリー”綾辻行人氏の『十角館の殺人』の刊行から30年を記念して、新本格ミステリー作家と呼ばれる人気作家7人の作品で構成された文庫。それぞれの作家さんのシリーズもののスピンオフだったり、まったくオリジナル短編だったりするようだけれど、どれも面白かった。7人の作家さんのお名前はさすがに存じてはいるものの、読んだことのない作家さんも多かったので、とりあえずそれぞれの方のデビュー作を読んでみたいと思った。収録作品は以下。
「水曜日と金曜日が嫌いー大鏡家殺人事件ー」麻耶雄嵩、「毒饅頭怖いー推理の一問題ー」山口雅也、「プロジェクト:シャーロック」我孫子武丸、「船長が死んだ夜」有栖川有栖、「あべこべの遺書」法月綸太郎、「天才少年の見た夢は」歌野晶午、「仮題・ぬえの密室」綾辻行人