隣のずこずこ

『隣のずこずこ』
著者:柿村 将彦
新潮文庫
のどかでユーモラスな表紙イラストとタイトルの印象から、ハートフルなファンタジー作品を想像していたのだが…。
『権三郎狸』という、やってくると村人すべてを呑み込み、村を焼き払うという言い伝えが残るとある村。主人公はそこに住む中三のはじめ。
彼女の一人称で物語は進む。たんなるおとぎ話、比喩的な田舎の言い伝えだろうとしか考えてなかった、いやそもそも常に考えるようなこともなかった『権三郎狸』が村にやってきて、一緒にやってきたあかりさん(自称狸憑き)いわく、きっかりひと月後に村人を呑み込み村を燃やすとのこと。どうにかしようとする者もいれば、どうしようもないと食に走る一家、村から逃げ出す一家、普段と変わらない生活を続けようとする者…様々。はじめの語り口もあまり切羽詰まった感じでもないし、暗い感じも悲壮感もないので、読んでて嫌な感じにはならないのだけど(どちらかというと明るい軽い読み心地)、結構バイオレンスな場面もあって、特に終盤の展開は意外だった。
どういった”オチ”になるのだろう、と考えていたが、そこもあっさりかわされ、個人的にはええぇ…!という終わり方。確かにイロイロ謎が残る。伏線はやはり”いなくなったおじいちゃん”という書き方だろうな、と思った。